ニューヨーク 大麻 非犯罪化
ニューヨーク 大麻 非犯罪化

ニューヨーク州議会、大麻の非犯罪化を承認!​

Share on facebook
Share on twitter

ニューヨークの議員は、大麻の合法化に失敗した後、大麻の所持とマリファナの使用に対する刑事処罰を廃止する法案の投票を行いました。

この法案は、違法な大麻の所有に対する軽犯罪の刑事告発を、駐車違反に似た罰金が科される程度の違反にまで減らすことになるでしょう。ペナルティは、1オンス(28.35グラム)未満のマリファナを所有する場合は50ドル、1〜2オンス、または28.35〜56.7グラムの場合は200ドルになります。

法案はまた、薬物逮捕における数十年の人種差別に対処する努力として、過去に少量の大麻を所有していたとして、有罪判決を受けた記録の抹消を可能にするでしょう。

「大麻の完全合法化は叶いませんでしたが、非犯罪化が認められたことは大きな成果です。」とアンドリュー・クオモ知事はツイートをしています。

この法案のスポンサーである民主国家のJamaal Bailey上院議員は、大麻の所有に関する軽蔑的な考えは、「住宅へのアクセスを制限し、教育へのアクセスを制限し、雇用を獲得する能力に影響を与える」と述べました。

この法案は、2019年6月19日に大麻の完全合法化が、規制および課税される税収の使い方や地域コミュニティがディスペンサリーをどう運用するかの決定方法など、重要な詳細について合意に至らず成立しなかったため、代替法として浮上しました。

合法化の投票をすることを望んでいた議員は、非犯罪化法案が2020年の完全な合法化の前置きかもしれないと述べました。

「これは目標への一歩です。私たちは必ず合法化にたどり着くでしょう。」民主党のダイアンサヴィーノ上院議員は語りました。

ニューヨーク州は1970年代にマリファナの刑事罰を取り消し始めましたが、現在の法律は大麻を持っている人々を逮捕することを警察に許可していました。また合法化支持者の多い若くて人種マイノリティがターゲットとされていました。

推定では、60万人近くのニューヨーカーが過去のマリファナの有罪判決の抹消から恩恵を受けることができるでしょう。

民主党のアンドリュー・クオモ知事は、2019年の初めに合法化計画を提案しました。彼は、5年前に同様のステップを要求したことを上げ、非犯罪化法案に署名するつもりであると述べました。

「これは合法化ではない。しかし非犯罪化は大きな、大きな成果です。」と彼は公共ラジオで6月19日に述べました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート