ニューヨーク 大麻 非犯罪化
ニューヨーク 大麻 非犯罪化

ニューヨーク州知事、クオモが大麻を非犯罪化する法案に署名!​​

Share on facebook
Share on twitter

ニューヨーク州知事のAndrew Cuomoは7月29日月曜日に大麻の所持を非犯罪化とする歴史的な法案に署名しました。「有色人種のコミュニティは、大麻を支配する法律によって、長い間不当な影響を受けてきました。そして今日、私たちはこの不公正を終わらせます。」と彼は言いました。30日以内に、ニューヨーカーは、少量の大麻所有によって路上で逮捕される心配する必要がなくなります。

これは大きな勝利です。さらに推定60万人の州居住者が、過去の大麻関連の有罪判決を免除されるかもしれません。

今年の本格的な合法化は非常に重要なものでした。実際、知事は再選挙運動中に第二期の最初の100日以内に大麻の生産、販売、そして消費を規制する計画を可決することを約束しました。

しばらくの間、ニューヨーカーは2019年に16人の民主的な上院議員によって後援されたマリファナ規制および課税法によって合法化を実現するだろうと思われました。しかし、Cuomoはプログラムの複雑さを過小評価しており、重要な最後の月で計画を推進することに不安を抱いていたようです。同様に、9人の下院の民主党の上院議員は、法案を可決するのに必要な主要な票を支持することを決して確信していませんでした。

複雑さの中で主だったのは、大麻禁止の下で厳しく罰せられてきたPOCコミュニティに対する政府の責任でした。今春、ニューヨークの有色人種である議員たちは、人種的な正義がその最終的な局面で優先されない限り、法案の支持から完全に手を引くと脅迫しました。

法律が貴重な時間と根拠を失う原因となったもう一つの問題は課税でした。

提案された法律は業界に3つの税金を課していました。1つは栽培時に課され、小売店への売却する時に異なる2種類の税金が課されるます。収入の1つは州に行き、もう1つは薬局が置かれている郡に行きます。

批評家たちは、中小企業であることが多い薬局に過度のレベルのコストをかけていると述べました。

立法者が6月にこの問題について妥協点に達することができなかったときに合法化法案は議会での投票に至ることなく消滅したと認められました。議員たちは代わりに非犯罪化計画を可決するように集会して投票しました。

非犯罪化法案は、大麻所持に対して罰金を課し、駐車違反などの犯罪レベルに格下げします。ニューヨーカーは、1オンス未満で発見された場合は50ドル、1〜2オンスの数量の場合は200ドルの罰金になります。

合法化の敗北に対する失望の代わりに、全員がポジティブなものに焦点を当て、前を向いていくことが重要です。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート