ニューヨーク 大麻
ニューヨーク 大麻

ニューヨーク州、大麻合法化ならず!業界規制の意見不一致が原因!​

Share on facebook
Share on twitter

ニューヨークの約10億ドル規模の産業への参入、少数民族のコミュニティで雇用を創出し、数十年にわたる人種的な不公平を終結させるだろうと期待が高まっていた、今年のマリファナ合法化計画は水曜日に崩壊しました。

立法会議が終わるまで、民主党の議員たちは、合意を完成させるために前向きな姿勢がありました。しかし、業界をどのように規制するかについての意見の不一致、および穏健な議員による躊躇は、克服できないことであると結論付けられました。

「現在、このM.R.T.A.会議で通過しないのは明らかです」マンハッタンの上院議員リズクルーガーは、彼女が後援した合法化法案の頭字語を使って、水曜日の朝に声明で語りました。

「我々はゴールラインを超えるところまで非常に近づきました。しかし我々は時間切れになってしまいました。」

同氏は、「残念ながら、この遅れは我々が合法化するまで、不必要で人種的に異なる執行措置によって、より多くのニューヨーカーが人生を無駄にすることを意味しています。」と付け加えました。

水曜日の会議が終了する予定時間の前にわずか数時間が残った為、州議員は合法化ではなく代わりに日曜日に導入されたマリファナを非犯罪化するバックアップ計画に注意を向けました。

バックアップの法案は、大麻の所持に対するペナルティを軽減し、特定の大麻に関連する犯罪記録の消去を可能にします。検討中の他の法案は、州の医療用マリファナプログラムを拡大するか、麻業界を規制するでしょう。

今年の合法化を優先事項と宣言したAndrew M. Cuomo知事は、非犯罪化法案を支持すると述べました。

「今週初めに、バックアップとしての非犯罪化を解決するかどうかラジオ番組で尋ねられました。そして、私は戦い続けると言いました」と、Cuomo氏は水曜日に声明で述べました。

「有色人種のコミュニティではマリファナを管理する法律によって過度に長い間影響を受けており、それを終わらせなければなりません。」と彼は続けました。

それでも、議会で非犯罪化がどの程度の支持を得ているのかは不明です。クリューガー氏は水曜日に、上院民主党はまだ提案について議論していないと述べ、彼女はそれが完全な合法化のための将来の努力を萎縮させるのではないかと心配していました。

大麻を完全に合法化することができなかったことは、州議会議事堂で集会を開き、ソーシャルメディア広告を打ち、広報活動会社を土壇場でキャンペーンのために雇ったサポーターへ衝撃を与えました。火曜日に、先月合法化法案を可決したイリノイ州の州議会議員は、ニューヨークのカウンターパートと会うためにアルバニーを訪れました。

最近の世論調査によると、有権者の55%が合法化を支持していました。

しかし、外的圧力は、レクリエーション市場が毎年生み出すことができる推定17億ドルの売り上げを誰が管理すべきであるかについて、州当局者間の党内闘争を解決することができませんでした。

Cuomo氏は、業界を監督し、お金をどのように使うべきかを決めるために、新しい州機関を設立することを提案しました。しかし、クリューガー氏とクリスタルピープルズストークスが率いる議員たちは、一定の割合の収入が麻薬戦争の影響を最も受けた地域社会に再投資されるという保証を法定に含めることを主張しました。

「製品ラベルは不正確な場合が多い」と同機関誌FAA Safety Briefingに掲載された速報は述べています。「ほとんどのCBD製品は0.3%未満のTHCを持っていると主張していますが、それらは薬物検査を陽性にするのに十分なレベルのTHCを含む可能性があります。CBDオイルの使用は、陽性薬物検査に対する肯定的な抗弁として認められていません。」

FAAは大麻の健康上の利点について疑問を投げかけ、研究は不十分で、現在の大麻製品は以前にテストされたものよりも強力であり、そして特にマリファナの使用は脳の発達を損なうことがあると主張します。

「我々は航空会社の証明書保有者にマリファナとその派生物を使用することを検討する前に、さらに理解を深める必要があります」と同局は述べています。「医療用マリファナで治療される病状に対して特別な発行は認められていないことにも注意してください。」

昨年の麻およびCBDのようなその派生物の連邦合法化は、複数の連邦機関に彼らの麻薬政策を明確にするよう促しました。

米国郵政公社は先週、提供者が製造した製品がテストされ、州および連邦の要件を満たしていることを証明する記録を保存している限り、麻製品を郵送できることを発表しました。5月に運輸保安局は、乗客は麻製品をフライトに持ち込むことができると説明しました。米国特許商標庁は、麻ブランドが登録の資格があることを明らかにしました。そして、米国農務省とFDAの両方が、作物に対する規制を策定するにつれて最新情報を共有しています。

3月、国会議員の超党派連合は、合法的な州で、連邦労働者がTHC陽性テストだけが要因で解雇されるのを防ぐための法案を導入しましたが、その法律は最高機密の許可を必要とする立場を含む特定の立場を除外しました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart