| | | | | |

ニューヨーク保健局、すべてのバーとレストランでCBDの禁止を発表!​

ニューヨーク市保健局は、市内のバーやレストランはCBD製品の提供を許可されていないと発表しました。2018年農業法案における麻とCBDの合法化にもかかわらず、保健省の広報担当者は声明の中でカンナビノイドは食品および飲料製品への使用がまだ承認されていないと述べました。

「ニューヨーク市のレストランでは、食べても安全であると承認されていないものを食べ物や飲み物に加えることは許可されていません。」と彼女は言いました。保健局はニューヨーカーの健康を守るためにその責任を真剣に考えています。カンナビジオール(CBD)が食品添加物として安全であると見なされるまで、局はレストランにCBDを含む製品を提供しないよう命令しています。」

クイーンズランド州リッジウッドにあるCBD製品を販売しているFlower Power Coffee HouseのオーナーであるDorothy Stepnowskaは、禁止条項に反対し、それに対する闘いを検討していると述べました。

「意味をなさない」と彼女は言いました。「THCや精神活性化作用はありません。大麻は植物です、大麻は地面から来ます…そして多くの人々を助けます。」

彼女は規制を期待していたと付け加えましたが、保健省は行き過ぎていると考えています。

「私は、大麻を売っていく方法についてのある種の指示を与えるために規制するのを待っていました。しかし、彼らは大麻を棚からただ、引き出すのではありませんでした。」と彼女は言いました。

Bill de Blasio市長は、まだ保健部門と問題について話し合っていませんが、彼らの意見を大切にしていると述べました。

「私は保健省とフォローアップします。」とde Blasioは言いました。「いいですか。保険局はこの国の公衆衛生のためのゴールドスタンダードです、そして、彼らが懸念を持っているならば、私も懸念を持っています。私は彼らと直接会話をしたことはありませんが、私は彼らが問題を特定して対処する最先端にいることが多いと思います。だから私に会話をさせて下さい。」

保険局の検査官が禁制されている製品を手に持ち、これは販売できないと言いつける日までCBD治療を提供していた、マンハッタンにあるFat Cat Kitchenのオーナー、CJ Holmは「質問以外何もない。 彼らは真実ではないことを述べて、問題が何であるかを説明しなかった、彼らはCBDを受け取らず、それをビニール袋に入れただけだった。」

「それはとてもランダムで独断的で、私たちが間違ったことをしたのかはっきりしない。」と彼女は付け加えました。 「私は保健省に3回電話をして、CBDが何であるかを知っている人を電話で呼出させる必要がありました。 1人の女性が保留にしてから戻ってきて、「ああ、ちょうど、CBDをグーグルした。今、私はCBDが何であるかわかっている!

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *