ニューメキシコ州 大麻 非犯罪化
ニューメキシコ州 大麻 非犯罪化

ニューメキシコ州知事がマリファナの非犯罪化法案に署名!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

ニューメキシコ州は4月3日水曜日に少量のマリファナを所持していたとしても、罰として刑務所へ行く必要がない24番目の州となりました。

ミシェル・ルハン・グリシャム知事(D)は、最大50オンスのマリファナの所持に対する罰金を50ドルに減額する大麻の非犯罪化法案に署名しました。

喫煙器具の所持に対する罰金も法の下で軽減されます。

立法府の職員によって作成された財政影響報告書は、「新しい法律は裁判所、検察官、および公の擁護者に財政的に良い影響を与える可能性があります。マリファナの所持を最大50オンスにし、使用、または消費器具の所持による刑罰の査定を減らすことで、作業量を減らすことができます。」と述べています。

マリファナの政策改革を提唱する人々は、少量の大麻所持で捕らえられた人々が刑務所で時間を過ごす必要がなくなることなることを喜んでいます。

しかし彼らは、立法府が全面的に禁止を終わらせるための、より広範な立法を可決しなかったことを残念に思っています。

ニューメキシコは、より人道的なマリファナ政策に向けて重要な一歩を踏み出しました。それはもはや大麻消費者の犯罪者というレッテルを貼ったり、単純な大麻所持で刑務所に入れるという脅迫をすることはないだろう。」とマリファナ政策プロジェクトの国家政策責任者、カレン・オキーフは述べました。「しかし、今年、ニューメキシコ州でマリファナについての戦いが終わったのは、残念ながら1つだけだった」と語りました。

先月、ニューメキシコ下院は、マリファナを合法化し、その生産と販売を規制するための、より広範囲にわたる法案を承認しました。

他の州の大麻法とは異なり、国営店舗での売上が大部分を占めていたこの提案は、後に上院委員会を通過しましたが、立法会議の終わりまでに投票は行われませんでした。

投票者は成人用の大麻の規制、課税、合法化を支持しており、上院は彼らの呼びかけに耳を傾けるべきだった。」とオキーフ氏は述べました。

昨年の選挙運動中に合法化を支持したグリシャム氏は、次の会期の議会の議題で禁止事項を廃止する動きを含めると述べました。

そうしている間、グリシャム氏は4月1日月曜日に非犯罪化法案に署名することを除いて麻(ヘンプ)の法案に署名をしていました。

州の既存の医療大麻法を拡大する法律も彼女の机上で保留中であり、彼女は医療大麻の適格条件としてオピオイド中毒を追加することを規制当局に求めています。

他の23州とワシントンD.C.には、すでに低レベルのマリファナ犯罪に対するペナルティとして刑務所入りの脅威を排除した法律があります。それは成人の大麻使用を合法化した10の州を含んでいます。

「非犯罪化」という用語は広い範囲の法律を記述するために使用されており、厳密な法的定義はありませんが、マリファナ政策プロジェクトは「最低でもマリファナの所持に対して懲役刑以外の罰則を課す法律」として定義します。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart