ニューヘンプシャー州大麻合法化
ニューヘンプシャー州大麻合法化

ニューヘンプシャー州の衆議院が大麻合法化の法案を可決!​​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

ニューハンプシャー州でマリファナを合法化する法案は2月27日水曜日に衆議院によって承認されました。

Robert “Renny” Cushing(D)議員が後援している法律は、21歳以上の成人が認可小売業者から一定量の大麻を購入、所持、贈与、消費および栽培することを認めています。

知事が任命した委員会が、法案の下で商業用マリファナ栽培者、製品製造業者、試験施設および小売業者の許可を承認し発行する責任を負うことになります。委員会に情報を提供するため、法定市場での公衆および専門家の意見を求めるために、11名からなる別のパネルが設置される予定です。

議会の刑事司法および公安委員会が 10分の9の投票で法案を進めた 1週間後に、投票権の投票が行われます。議会は、法案に賛成して209分の147が投票した。

「私たちは85年間、大麻の扱いで失敗したと考えていることに取り組んできました。そしてそれを終わらせる時が来ました。」とクッシング氏は投票の前に議論しました。 「マリファナとの戦争は、私たちの社会に悪影響を及ぼしています。大麻の禁止によってもたらされる損害は、少なくともアルコールの禁止によってもたらされる損害と同等です。」

合法化の支持者は立法の通過を祝いました。

ニューイングランドのマリファナ政策プロジェクトの政治責任者、マット・サイモン氏はプレスリリースで、「下院の投票では、Granite State(ニューハンプシャー州のニックネーム)におけるマリファナの禁止を維持するための支援がほとんど残っていないことを強調している。」と述べました。「アルコールより害の少ない物質を消費したことで成人を罰する理由はありません。大麻を利用するために潜在的に危険な違法市場に大麻を強制することは逆効果です。」

「HB 481はニューハンプシャー州に賢明な代替案を提供しており、ウェイズ・ミーンズ委員会で検討されているように、下院での法案に対する支援の構築に引き続き取り組んでいきます」と語りました。

将来のマリファナの使用を合法化することとは別に、その法案は個人が法律の下で大麻犯罪の過去の記録を抹消するための経路も作成します。

その法案がクリスSununu(R)知事の机の上に着くならば、知事は大麻の合法化を不承認にすることを誓っています。下院議長Steve Shurtleff(D)は、拒否権を無効にするのに十分な支持が下院にあると感じており、上院議員にも同じことが当てはまると考えています。

新しい法律が最終的に可決され、署名された場合、60日後に個人使用のための所有と栽培が許可されるでしょう。小売ライセンスは、2020年11月30日までに発行されます。

また、これとは別のニューハンプシャー小委員会が2月26日火曜日に、医療用マリファナ患者が治療目的で大麻を栽培することを可能にする法律を満場一致で承認しました。

他の場所では、ハワイ、 ニューメキシコ およびバーモントの立法委員会が 今月マリファナを合法化する法案の承認することを投票しました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart