ニュージーランド政府が2020年の国民投票に先立つ大麻合法化法案を発表!

ニュージーランド政府が2020年の国民投票に先立つ大麻合法化法案を発表!

ニュージーランドの住民は12月3日火曜日、来年の有権者投票の主題になる大麻合法化案のドラフトの詳細を見ることができました。

「政府はこの時点で法案のドラフトを発行して、ニュージーランド国民に現在の方向性とこれまでになされた決定について確実に知らせるようにしている。」と要約は述べています。

法案は、成人向けの規制された大麻市場を確立する基本的な要素の概要を示しています。これは、国民投票に先立ち、フィードバックを考慮に入れて、より詳細に更新されます。
有権者の50%以上が法律を承認した場合、次期政府は成人向けの大麻を合法化する法律を制定する必要があります。

この提案は、大麻製品の購入を20歳の年齢制限に設定し、大麻を個人の住居および認可施設で消費することを要求し、公衆衛生教育キャンペーンへの投資を命じ、広告に制限を課し、大麻事業の認可計画を作成します。

個人は1日あたり最大14グラムの大麻を購入し、個人使用のために最大2つの植物を栽培できます

政府は、大麻規制当局と呼ばれる組織を設立して、業界を規制し、大麻事業のライセンスを承認し、公衆衛生を促進します。また、政府が大麻プログラムを実施するための管理費を回収できるよう、物品税を設定することも課されます。

「国民投票への問いと大麻合法化と管理法案の初期草案を早期に入手可能にする目的は、一般の認識と議論を促進することです。」とアンドリュー・リトル法務大臣はプレスリリースで述べました。「国民が有意義な国民投票に参加できると感じることが重要です。

「私の目標は、来年初めまでに最終案のドラフトを入手できるようにすることです。実現する為に変更についてなど、議論をする時間はあります」と彼は言いました。「海外の経験では、事実を説明する情報は、一般の人々に提供し、投票した方の結果でなくても、有権者が受け入れられる為に不可欠であると語っています。」

内閣はまた、合法化の問題を国民投票の問題とする決定を伝えた政策上の立場を明らかにしました。

法案の主な目的は、「大麻に関連する害を最小限に抑える」ための政策を推進し、教育および治療プログラムを通じて大麻の消費率を下げることです。第二の目的は、違法市場を排除し、刑務所人口を減らし、大麻製品の品質管理を確保することです。

2020年初頭には、議員、利害関係者、一般市民が投票前にさまざまな条項を検討する十分な時間を確保するために、より包括的な法案が発行されます。

今週発表された世論調査では、ニュージーランドの住民の多くが政策変更を支持(43%)するよりも大麻合法化を反対(49%)していることを示しています。6月の調査に比べて改革を支持する割合は高いものの、国民投票の通過の可能性は不確実なままです。

記事をシェアする
Close Menu