麻薬犬 訓練中止
麻薬犬 訓練中止

ニュージャージー州が警察犬の大麻検知訓練をストップ!​

Share on facebook
Share on twitter

ニュージャージー州は、大麻を嗅ぎ分ける警察犬の訓練を中止しました。

Gurbir Grewal検事総長は、娯楽用マリファナを合法化するという現在保留中の提案により、大麻の匂いを発見するための訓練を中止させると発表しました。

これは警察犬がマリファナを無視し、他の物質の検出に焦点を当てるよう訓練するという全国的な傾向に従っています。

すでに匂いを検出するように訓練された犬は、刑務所や学校など、大麻が禁止される他の状況でも活躍できると述べています。必要に応じて、将来的にマリファナを検出するように犬を訓練することは可能だが、すでに匂いを認識している犬の「訓練をやめる」することは不可能であると彼は付け加えました。

娯楽用の大麻が合法になった場合、警察犬がどのように影響を受けるのか議員が尋ねた後、Grewalは総会での公聴会で講演しました。

もし提案が進めば、ニュージャージーは娯楽用マリファナのある11番目の州になるでしょう。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート