MVIMG_20200116_124725 (1)
MVIMG_20200116_124725 (1)

トロントの大麻ディスペンサリー、NOVA Cannabisの店内紹介!

Share on facebook
Share on twitter

カナダが2018年10月17日に大麻を完全に合法化してから、トロントではディスペンサリーと呼ばれる大麻販売店がいくつもオープンしています。今回紹介するNova Cannabisも政府から認可を受けた大麻販売店の一つで、トロントでは3店舗目のオープンとなりました。

場所は202 Queen Street West(クイーンストリートウェスト)の499番地にあります。Queen Streetはレストランや洋服店、家具や大麻の喫煙具を販売している店舗が並び、賑わいのある大きな通りです。そんな中、大麻を販売するお店は街の風景に違和感を与えることなく営業をしていました。

店内に入ると正面に大きな壁が建てられており、外から中が見れないような仕組みになっています。入口に入って右側には初心者の方に向けて注意書きが書かれており、左側にはセキュリティチェックの入口になっています。

※消費者に向けた注意書き
”消費者としての責任を持ちましょう”
・少量からゆっくりと
・運転はしてはいけません
・子供の手が届かないところで保管してください

 

セキュリティチェックは顔と年齢が確認できるものであればよく、免許証やパスポートでも問題ありません。19歳以上であればチェックを終えて入店することができます。

中に入ると店内は開けており、左側に大麻バッツ製品が並べられており、右側にカウンター、正面はプレロールやエディブル、カートリッジなどが売られているスペースがあります。

左側の大麻バッツ製品を見てみると、サティバ、インディカ、ハイブリットと種類によって分類され、きれいに陳列されています。各種類12~14種類の品種が展示されており、人気のBlue DreamやJack Hazeなども販売されていました。

正面のエディブルスペースにはまだ商品がそこまで多くなく、チョコレートや大麻茶が置かれていました。スペースの中央にはヴェイポペンを展示しており、様々な種類の要望毎に製品を用意しています。

もし、大麻や製品について質問がある場合はバッドテンダーと呼ばれるスタッフが店内を巡回しているので、話しかければ丁寧に教えてくれます。

製品の購入の仕方は3つあり、1つは直接カウンターに向かい、欲しい商品をカウンタースタッフに伝える事。2つ目はバッドテンダーに欲しい商品と量を伝えて、注文書を発行してもらい、カウンターで商品を支払、受け取る方法。最後の方法はタッチパネルで注文書を発行し、レジで支払、受け取る方法です。この方法は英語が苦手で店員に話しかけにくい方でも簡単に注文することができます。

大麻の値段は日本で取引されている値段よりもはるかに安く、Blue Dreamとkosherと呼ばれるインディカの2種類をそれぞれ1Gづつで24.75カナダドル(約2100円)でした。

老若男女問わず、ずっと人が入れ替わりで大麻販売店に入店していく様子は、生活の一部として大麻が受け入れられているようでした。

同じ通りにはもう一つの認可大麻販売店でトロントで最初にオープンしたHoney Potもある為、トロントに来た際は合わせていってみてはいかがでしょうか?

最後に、下記Nova Cannabisの住所や電話番号など詳細を記載します。

店舗 :Nova cannabis(トロント)
住所 :499 Queen St W, Toronto, ON M5V 2B4
電話 :(416) 364-2321

<営業時間>
月曜 10:00 21:00
火曜 10:00 21:00
水曜 10:00 21:00
木曜 10:00 22:30
金曜 10:00 22:30
土曜 10:00 22:30
日曜 12:00 21:00

 

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート