カナダ トロント 大麻ディスペンサリー
カナダ トロント 大麻ディスペンサリー

トロントで政府公認の大麻ディスペンサリーが遂にオープン!​

Share on facebook
Share on twitter

何ヶ月もの予測と計画の後、トロントの最初の合法大麻店が月曜日の朝の午前9時に営業を開始しました。

ドアをオープンしてすぐに、202 Queen Street WestにあるThe Hunny Potで大麻の正式な販売が行われました。最初のお客様は晴れやかな笑顔を持つ若い女性で、政府が発行した身分証明書を提示した後、1グラムのホワイトウィドウを12.08ドルで購入しました。

女性は「とても素敵できれいなお店ね」とレジ係に誉め言葉を送り、「ここにまた戻ってくるのが待ち遠しいです」と付け加えました。

4月1日の月曜日の朝まで、オンタリオの人々はオンタリオ大麻ショップのウェブサイトを通してしか合法のマリファナを購入することができませんでした。

計画された5つの店舗のうち1つだけが初日にオープンする準備が整った、レンガとモルタルの店は、トロントで最初に大麻を購入する機会となるために、開店時間の何時間も前から大勢の人々が並んでいました。

中には寒い中でキャンプをする人もいました。

202 Queen Street Westにある、The Hunny Potの外の行列は地元の人々と観光客が混在していました。

「私はこの重大な日に立ち会うため、出てきました。」と地元のRayRayという方が語りました。「私は彼らがお店をオープンし、人々が安全に大麻を利用できるように管理して、更に税収もしていることを嬉しく思います。これは素晴らしい出来事です。これでスムーズになりましたが、問題なく展開するのは困難でした。」

Diego Gutierrezと彼のパートナーは、マリファナも合法であるロサンゼルスから、カナダの急成長している大麻産業を調べに行きました。

「私たちはトロントでのディスペンサリーオープンについて聞いた瞬間、最初の人々のうちの1人でなければならないと思いました。カナダにとって歴史的な日です。これに参加できるのは素晴らしいです。」

キャメロンパーカーと彼の友人は、マリファナが違法であるバージニア州リッチモンドからトロントにやって来ました。警察の脅威なしに店に入ってマリファナを買うという考えは魅力的でした。

「私たちは春休みの休暇中で、お店がオープンしているのを見たので、試してみるために来ました。」と彼が言いました。「私はこれは大きな一歩だと思います。そして店舗の開店が実現することが人々を助け、本当に世界を変えることができるのです。これはほんの始まりです。」

大麻ブログを運営しているBrad Amlinは、Oakvilleから車を走らせ、政府の店頭展開に満足しているようでした。

「私はビジネスモデルについてそれほど心配していません」と彼は言いました。「開店準備ができていない場合は、開いてはいけません。彼らは最初から確実に正しく運営をしたがっています。」

PCはもともと4月1日に25店舗を出店する計画を立てていましたが、その多くはまだ長い書類の作成を続けています。

月曜日にオンタリオ首相のDoug Fordは、半数以上の店舗が初日にオープンする準備ができていないと述べましたが、すぐに稼働することを期待していました。

「10店舗がオープンしており、他の2店舗がオープン待ちです。今後数日以内にオープンする予定です」とフォード氏は説明しました。

「1つの店舗は容認されなかったので、残り12店舗となりました。オーナー達は私にすぐにオープンさせると言っています。書類を記入していない人もいれば、もう少し時間がかかる人もいますが、今後数週間のうちに完成すると思います。」と彼は付け加えました。「彼らが十分な供給を持っているのは、私たちが国中で見たもう一つの懸念だったからです。解決するために多少の困難はあると確信していますが、私たちは店舗と密接に協力するつもりです。」

くじによって授与された店舗の免許証は、地域ごとに分けられています。5つがオンタリオ州東部へ、7つが西部、2つが北部、6つがグレータートロント地域で、5つがトロント自体です。

店舗は期限通りにお店をオープンできなかった為、罰金に直面しています。

「そのうちの何人かは彼らの適切なデューデリジェンスを経ていないことを私たちは知っています。ビック・フェデリ財務相は、次のように述べています。「ビジネス界では、ビジネス的な方法で行動することが義務付けられており、オンタリオ州の人々に対する義務を尊重するか、代金を支払う必要があります。」

しかしフォードは、罰金は必要な場合にのみ差し引かれると述べました。

「それが私たちが少し遅れており、私たちが問題であれば、人々は罰金を科されるべきではありません。 私たちは、みんなが繁栄し成長することを確実にしたいだけで、それは負担ではありません。」

フォードは当初、個人小売店の数に上限はないだろうと述べましたが、12月に計画を変更し、供給の不足が彼らを縮小することを余儀なくさせたと語りました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート