有罪判決取消
有罪判決取消

デンバーが大麻の有罪判決の取消し開始!既に数名の記録はクリアに!

Share on facebook
Share on twitter

トム・ロッシは10年以上前に1グラムの大麻を持っていたために逮捕されました。現在、彼はJeffco Schoolsの仕事に応募する準備をしています。彼は逮捕歴がきれいになることに興奮しています。

トム・ロッシと彼の介助犬であるレイチェルは、いつもは土曜日の朝に動物のドキュメンタリーと大学のバスケットボールを見ていましたが、今週は違いました。ウェストコルファックスの住民は、古いマリファナの有罪判決を拭き取るのを手伝うために、市の弁護士クリスティンブロンソンがテレビで話しているのを見ていました 。

2006年、コロラド州で娯楽用マリファナが合法化される前、ロッシはダウンタウンのバス停で所見の人とおしゃべりをしていた時に、突然パトカーに囲まれました。実は、その見知らぬ人は別の場所で強盗を行っていたことがわかりました。その際、ロッシも捜査され、警察官がロッシのカバンの中から1グラムの大麻を発見したため、逮捕されてしまいました。

「私は一生のうちに逮捕されたことは一度もありませんでした。」と彼は思い返しました。「私は刑務所に行くのが怖かったし、何をすべきかわからなかった。」

彼は裁判官に会うまで、電話もシャワーもなしに、3日間デンバーの旧市街の刑務所に滞在することになりました。彼はジェファーソン郡の刑務所でもう一日過ごし、そこで電話と七面鳥のサンドイッチをもらって、ついに釈放されました。

数年を通して、ロッシはデンバー保安官と警察に「1グラム以上の大麻」の処遇について話す機会を得ましたが、まだ刑事記録は彼の過去として重くのしかかっていました。彼とレイチェルはこの2年間、Jefferson Countyの学校で特別支援を必要とする子供たちと一緒にボランティア活動をしてきました。彼は非常に情熱的だったので、マネージャーに仕事に応募してほしいと言われました。しかし、昔の逮捕歴が清算されるまでの数週間、おそらく彼の雇用を禁じられるでしょう。

ロッシは、昨年12月に発表された無料サービスである、この都市の「Turn Over A New Leaf」プログラムの恩恵を受ける最初のデンバーの一人です。

土曜日にサニーサイドの紛争センターでの記者会見で、マイケルハンコック市長は記者団に「この初動は大麻禁止の間になされた有罪判決とマリファナ業界で見られた繁栄のバランスをとる試みである。」と語りました。

同時に、「79人が申し込みました。12人はすでに過程を完全に終え、そして、何人かはすでに記録をクリアにしました。」と、彼は言いました。

ロッシは約30分で書類を書き終え、書類は送付されました。

ロッシと立場にある人々が「私は有罪判決を持っていない」と言うことができるようにするために、「これは、人生を変えることなのです」と地区司法長官ベスマッキャンは言いました。

以前に合法的な活動で有罪判決を受けた人は誰でも申請できます。 それには軽犯罪や重罪も含まれますが、それでも違法な重罪はいくつかあります。申請者は書類に記入し、DAと市の弁護士事務所の弁護士がすべてをまとめて告訴を封印または排除し、裁判官に提出します。

マッキャン氏は、少年の有罪判決は「抹消」され、成人の「有罪判決」は「封印」される可能性がありますが、基本的には同じことですと語りました。ほとんどの場合、市では48時間以内、コロラド州捜査局では約2週間以内に告訴が処理される予定です。

市と州の記録をクリアする申立てには通常手数料がかかりますが、プログラムの対象となる人は無料で申請できます。マリファナの業界団体は関連する費用をカバーすることに同意しました。

「これは和解の一歩です」と、The Conflict Centerの理事であるVinnie Cervantesは述べました。

Cervantesのような刑事司法擁護団体にとって、デンバーのNew Leafプログラムは、「麻薬戦争」時代に警察によって行われた害を正すための正しい方向への一歩を表しています。

ロッシは新たなスタートに感謝しています。ロッシは運命を信じる人です。彼は仕事に就くこと、車椅子の人に関係するかもしれない特別なニーズを持つ子供たちを助けるために、電話に答えることを楽しみにしています。

「私はいつもデンバーは償還の都市であると言いました。私は25年間ここにいます、そして私は決して去らないでしょう。」とロッシは言いました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート