ディズニーランド CBDオイル所持
ディズニーランド CBDオイル所持

ディズニーワールドで69歳の女性がCBDオイル所持で逮捕!​

Share on facebook
Share on twitter

最近の報道によると、ディズニーワールドへの旅行中に、69歳の女性がCBDオイルの所持で逮捕されました。数時間刑務所で過ごした後、彼女は結局保釈されました。この事件は、全国各地でCBD法をめぐる混乱が浮き彫りになった最近の事件の1つです。

おばあちゃんがCBDオイルの持ち運びで逮捕

69歳のバークホルターさんが4月15日に逮捕されたことが注目を集めています。彼女はディズニーワールドのマジックキングダムへ行く途中のチェックポイントを通過しようとした時に事件が起こりました。

バークホルターさんは少なくとも2年前からディズニーワールドへの旅行を計画し、楽しみにしていましたが残念なことに、この計画は悲劇を起こしました。

セキュリティがバークホルターさんの財布の中にCBDオイルのボトルを発見した後、警官も加わり、取り調べを行うことになりました。そして、バークハルターさんはDisneyの土地から追い出されることになりました。

彼女は最終的にはハシシの所持で起訴されました。これは重罪になります。その結果、バークハルターさんはオレンジカウンティ刑務所に閉じ込められました。檻の中で合計12時間を費やした後、彼女は2,000ドルの保釈金で解放されました。

事件以来、すべての告訴は取り下げられたと伝えられています。

彼女の慢性的な健康状態を治療する方法として医者が推薦した為、バークハルターさんはCBDオイルを持っていたと主張しました。

「足、腕、肩の関節炎が本当にひどいのです」と彼女はメディアに語りました。「私は痛みを軽減するためにCBDオイルを使用しています。」

その日に持ち運ばれていたCBDオイルのボトルには「THCを含まない」とマークされていました。しかし、地元の法執行機関はそうでないと主張し、実際、地元の警官はオイルをテストした結果、THCの陽性反応があったと主張しています。

CBDを取り巻く法的混乱

なぜバークハルターさんが単純なCBDオイル所持だったはずなのに、ハッシュレベルの重罪レベルの所持を最初に請求されたのかは不明である。さらに、なぜ彼女がそんなに厳しい処罰に直面したのかは不明である。

地元のメディアが報じたように、CBD製品はフロリダの多くの地域で比較的購入が容易ですが、CBDはまだ州内の法的にはグレーの領域に分類される傾向があります。

多くの点で、バークはルターさんの訴訟は、他の同様の事件とともに、CBDの問題をめぐる法的混乱を際立たせています。

2018年末、農場法案は法律にサインされました。アメリカ国内の農業規制に対する多くの変更の中で、この法案は、大麻および大麻由来のCBDに関連していくつかの重要な変更を加えました。

具体的には、Farm Billは麻(ヘンプ)をSchedule Iの違法薬物のリストから削除しました。さらに、それは麻の州間取引を合法化しました。重要なことに、これには麻由来のCBDおよび麻由来のCBDを含む製品が対象となります。

それにもかかわらず、アメリカ国内のさまざまな地域の人々は、CBDを所有しているとして刑事訴訟に直面し続けています。

明らかに、バークはルターさんによるディズニーワールドでの逮捕は最近の事例です。また、テキサス州のダラスフォースワース空港でも同様の事件が発生しています。

先月の報告によると、空港の乗客は拘束されており、場合によっては荷物にCBDを持っていることで逮捕されています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート