大麻テルペン
大麻テルペン

テルペンとは何ですか?あまり深く知られていないテルペンについて!

Share on facebook
Share on twitter

大麻は支配的で高揚感を感じる香りで、私たちの注意を惹きつけます。結局のところ、ハーブの印象的な香りの原因となる分子は、心地良い香りを提供する以上のことをするかもしれません。テルペンとして知られるこれらの分子は、マリファナで有名な「ハイ」になる分子を含む他の大麻化合物と連携して機能します。

調和した大麻の化合物は同行効果として知られている現象を引き起こします。簡単に言うと、大麻に含まれるすべての化合物が連携して、ユニークで品種によって別々の経験を生み出します。

テルペンとは何ですか?

テルペンは、大麻を含む多くの植物が生み出す香りの要因です。ワインソムリエがグラスに鼻を付けるとき、または新たに挽いたバッツの香りを嗅ぐとき、彼らはテルペンの香りを楽しんでいます。
テルペンは、すべての植物で産生されるアロマ分子で、エッセンシャルオイルに含まれる活性成分の大部分を占めています。実際、テルペンは地球上で最大かつ最も多様な有機化合物のファミリーです。

大麻では、これらの活気に満ちた分子は植物の超小型の毛状突起で製造されています。毛状突起は、マリファナのバッツをキラキラした見た目にし、粘着性のある、油を生産する腺です。これらの樹脂腺はまた有名な精神活性テトラヒドロカンナビノール(THC)の本拠地です。

テルペンはアロマを提供しますが、カンナビノイドと呼ばれるTHCのような分子は香りを作りません。THCだけで大麻植物が他と異なるわけではありません。テルペンは、大麻のバッツに含まれる樹脂の重量の約10〜20パーセントを占めます。

2万種類以上のテルペンが自然界に見られ、そのうち200種類が大麻に含まれており、推定111種類のユニークなカンナビノイドを生産することができます。これらの多数の分子をさまざまな方法で組み合わせて、独自の化学的性質を持つ植物を作り出すことができます。

ある意味、これらの数多くの組み合わせが大麻品種を作り出し、各種類のバッツの個性を引き立てます。

テルペンは何をするの?

大好きなOG KushがBanana Candyのバッツと全く違う匂いがするのはなぜでしょうか。テルペンは大麻品種に微妙な違いを与え、ある植物を別の植物と区別する微妙な芳香性を提供します。これらの分子はTHCのようなカンナビノイドと連携して働き、それぞれの大麻に異なるアイデンティティを与えます。

現在の理論は、それがテルペン芳香分子と各大麻品種に異なった効果を与える他の活性成分の独特な混合物であると推測しています。たとえば、OG Kushは、Banana Candyとは異なる比率と種類のテルペンとカンナビノイドを生産しています。これらの化学的な違いは、それぞれの花が独特の香りを持つだけでなく、消費されたときに両方の品種が異なる生理学的効果を生み出すかもしれないことを意味します。

大麻の品種の違いは、遺伝的レベルで提示することができます。遺伝子配列決定における啓示のおかげで、研究者は各大麻栽培品種が考えているよりもはるかに洗練されていることを発見しました。

実際、PLOS ONEに掲載された2017年の研究では、30種類の遺伝子がマリファナのテルペン生産に関与していることがわかりました。これらの多数の遺伝的マーカーは、大麻にワインと同様の芳香の複雑さを与えると期待されています。

大麻のテルペンは何をするの?

テルペンを理解することは、大麻がどのように互いに異っているのかを理解するためには不可欠です。テルペンは香りを与えるだけではなく結局のところ、化合物は大麻植物の生存の鍵です。しかし、これらの分子がハーブに対してどのような働きをするのかは、驚くべきことです。

テルペンは植物に環境へ知的に反応する能力を与える化合物です。人間や動物は動きを通して自分の環境に反応します。私たちは怖がっていると、逃げます。何かを欲しているとき、動きを使って手に入れました。

しかし、植物は世界とは異なる関係を持っています。植物は彼らが望むものを得るために動き回ることはできません。代わりに、彼らは欲しいものを引き付けるか、物事を押しのけるために化学信号を使います。植物が惹きつける、または跳ね除ける方法の1つが、香りです。いくつかのテルペンによって作り出される刺激的な香りは花粉媒介者(蜂など)を引き付けるもので、植物の生存を確実にするために植物にとって有益な昆虫を呼びます。

どうやら、強い魔法の香りは人間にも働きます。例えば、大麻の香りはとても魅力的で、世界中のハーブ愛好家はその複雑で独特の香りに引き寄せられます。人間は大麻を何世紀にもわたって栽培してきました。

それでも、テルペンはすべてが楽しいとは限りません。これらの不思議な分子は暗い面を持っています。大麻のバッツは捕食者から逃げることができないかもしれませんが、無防備ではありません。

外的な免疫システムと同じように、ハーブは捕食性昆虫を避けそして感染に対して保護するために両方のタイプのテルペンを作り出します。シカやウサギのような草食動物を抑止する苦いテルペンは、通常、ぶら下がっている枝や葉に見られます。一方、バッツは、花粉媒介者を引き付けるためにより甘いテルペンを生産する傾向があります。

母親が自分の子供に特性を伝えるのと同じように、特定のテルペンを生産する能力は、親から苗木に受け継がれます。例えば、母植物が早い時期に害虫に襲われた場合、その子孫は結果として同じテルペンを生成する可能性が高くなります。

テルペンは本当に敏感な化学システムです。彼らの周りで起こっていることにリアルタイムで反応し、異なるテルペンを放出します。例えば、近くの植物が昆虫に襲われた場合、その植物は苦痛の信号として特定の芳香族化合物を放出する可能性があります。近隣の植物はこの信号を検出することができ、攻撃から身を守るために独自のテルペンを生成し始めます。

テルペンの利点は?

結局のところ、テルペン分子が植物に有益であるのと同じ理由でそれらは人間の健康にも有益になるかもしれません。多くのテルペン分子は抗菌性と防腐性を示しています。さらに強力な抗酸化物質で、人体内の細胞をストレスによるダメージから保護します。これらの同じ化合物のいくつかは太陽の紫外線から植物を保護するかもしれないことを考えると、これは理にかなっています。

驚くべきことに、テルペンはTHCやカンナビジオール(CBD)のようなカンナビノイドと同じくらいの医学的価値を持つことを証明しています。後者は、重症型のてんかん患者の発作を軽減することが証明されている大麻化合物です。

たとえば、2011年に中国のノースイーストフォレストリー大学で行われた研究では、1つの一般的なテルペンであるピネンが、いくつかの細菌性およびウイルス性感染症の治療に役立つことが明らかになりました。もう1つの一般的なテルペンであるリモネンは、初期の研究で抗炎症作用と抗ガン作用の両方を示しました。それはまた、鬱病の患者を助けることも示されています。

テルペンの人体への影響は?

テルペンとの私達の最初の相互作用は鼻および呼吸器系を通して来きます。吸い込むにつれて、テルペンは鼻を上ってきて、嗅覚神経を誘発します。そして、信号を脳の処理センターに直接中継します。しかし、鼻だけがこれらの分子に反応する唯一の器官ではありません。実際、アロマ分子自体が人体内で独自の環境反応を引き起こす可能性があることを示している証拠が増えています。

大麻の香りを楽しむことを可能にするのと同じ嗅覚受容体も体組織全体に見られます。植物のテルペンに反応する可能性のある受容体は、皮膚、肺、心臓、腎臓、そして驚くべきことに精子にも見られます。

たとえば、Frontiers in Physiologyに発表されたある研究では、バナナとアプリコットの香り分子が肺の血管をうまく拡張していることがわかりました。テルペンは、喘息患者に典型的に見られる炎症の影響に対抗するのに十分強い反応が生じました。

別の例として、鋭い香りの松のテルペンが空気を満たす森を歩くことは、免疫機能を改善し、神経系へのストレスを減らすことが示されています。

テルペンは単に心地よい香りを提供するだけでなく、人体に対してもっと多くのことをもたらします。実際、植物中のテルペン濃度が0.05パーセントという低い濃度でも薬理学的に重要であると考えられています。これは微量の植物化学物質でさえ、人間の健康に大きな利益をもたらす可能性があることを意味します。

テルペンが人体に大きな影響を与える可能性があることを理解することは、大麻植物が提供しなければならない幅広い薬効の理由を提供してくれます。大麻はカンナビノイドと呼ばれる化学物質の特に強力な種類を含んでいるだけでなく、大麻はテルペン産生大国です。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter