テキサス州 ヘンプ
テキサス州 ヘンプ

テキサス州知事、農民が合法的に麻を育てることを認める法案に署名!​

Share on facebook
Share on twitter

テキサス州の共和党の知事グレッグアボットは6月10日月曜日に州の農民が合法的に麻を育てることを認める法案に署名しました。この施策、House Bill 1325(HB1325)も、州の規制物質リストから麻を削除し、カンナビジオールまたはCBD、およびカンナビノイドを使用して製造された製品を合法化しています。

HB 1325は4月にテキサス州下院議会を通過し、翌月州上院で承認されました。法案は議会の両院で全会一致の支持を受けました。

農民のための新しい機会

テキサス農業局の広報担当であるジーンホールは4月に麻の合法化が州の農民に運営の新しい選択肢を与えるだろうと言いました。

「テキサスの農家や牧場主が大麻を作物の選択肢として持たないというのは、正当な理由はありません」とHall氏は言います。「利用可能になれば、多くの農家がこのオプションを選択するでしょう。それは干ばつ耐性のある作物で、作物栽培が現在普及している場所ならどこでも栽培できます。」

HB 1325が施行される前に、州農務省は作物の栽培を希望する農家に免許を付与する制度を含む、大麻農業規制プログラムを作成する必要があります。その後、計画を承認のために米国農務省に提出する必要があります。

「テキサス州農務省がここテキサス州で産業用大麻プログラムを作成することを許可することは、テキサス州の農民が繁栄するためのエキサイティングな新たな機会を与えることになります。」と法案が議会を通過した際、州農業委員会のSid Miller氏は述べました。

「もうすぐ、テキサスの農民と牧場主が繁栄するのを見ることになります。」

 

すでに建設中の大麻農業インフラ

大麻と農作物の栽培者であるVillage Farms InternationalのCEO、Michael DeGiglioはプレスリリースで、同社はテキサス州で麻を栽培するために州から規制当局の承認を得ようとしていると述べました。

「知事がこの法案に署名することは、テキサス州の麻業界の先駆者としてVillage Farmsにとって重要な機会を形成するものであり、環境保護施設で成長する高級グレードの麻に期待される需要を生かすことを可能にします。とDeGiglioは述べています。

テキサス州での麻の合法化を見越して、Village Farmsは州内の130万平方フィートのハイテク温室施設の半分を麻栽培およびCBD抽出施設に転換し始めました。

「麻の生産のため、西部テキサス州のパーミアン盆地にある温室施設の半分の転換は現在順調に進行中であり、そして我々はテキサス州が麻とCBDの認可と規制の枠組みを確立した後すぐに生産を始めることを楽しみにしている。とDeGiglioは言いました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート