タイ 大麻 家庭栽培
タイ 大麻 家庭栽培

タイ政府がもうすぐ大麻の家庭栽培を国民に許可する可能性!​​

Share on facebook
Share on twitter

タイのブムジャイタイ党は、同国の世帯が最大6つの大麻植物を栽培できるようにする法案を提案すると発表しました。タイには、健康目的で大麻とクラトム植物を使用する長い伝統があります。タイは2018年に満場一致の賛成で政策変更が可決され、医療用大麻を規制した最初の東南アジアの国となりました。

「医学的使用が原則である」とプムジャイタイ党の役員であるスパチャイ・ジャイサムットは述べました。「病気のために自宅で使用することができますが、路上で吸うことはできません。」

ジャイサムットは、法律について今後6か月以内に投票する可能性があると推定しています。

このようなマリファナの生産に関してタイ政府が保持している現在の独占を打ち破る法案は、政府管轄の病院以外の医師が大麻を供給して患者を治療することを可能にします。

この法律は、植物ベースの薬物研究所と呼ばれる政府機関も設立し、CBDの購入、抽出、および輸出を許可されます。その組織は、マリファナ植物の販売を監督することも担当します。

タイの政府は、医療用マリファナの生産者と使用者を支援することにコミットしているようです。8月、政府製薬組織は、保健省を介して1万本の医療大麻油を配布する計画を発表しました。このオイルは、てんかん、アルツハイマー病、パーキンソン病、慢性疼痛、化学療法関連の吐き気のある患者に届けることを目的としています。

昨年、この国で最初のマリファナクリニックは、バンコクの北東、プラチンブリという都市にあるチャオプラヤアバイブヘッフル病院にオープンしました。パーキンソン病とてんかんの患者に対する治療は保証されており、他の健康状態は病院スタッフによる検討の対象となりました。当初、診療所は政府機関からの大麻の供給に依存していました。8月には、低THC CBDオイルの最初の導入分を生産しています。

タイには大麻を薬用に使用した豊富な歴史がありますが、厳格な法律が適用され続けています。ブムジャイタイ党の法律が可決された場合、娯楽用大麻の使用に対する国の法的アプローチが大幅に変更されます。現在、最大10年の投獄と高額な罰金が科されています

しかし、他の多くの国とは異なり、タイは外国からの投資で医療産業の発展を促進することを望んでいません。タイでは、今後5年間、外部企業は大麻油を販売することを許可されません。

ブムジャイタイ党は、タイ国の首相であるプラユス・チャン・オチャが率いる19政党の連合の一部です。副首相兼保健省大臣でもある党首のアヌチン・チャーンビラクルは、大麻へのアクセスがその主要な目標の1つであると制定しました。

タイは近隣諸国の中でマリファナの合法化を検討した最初の国ですが、これが最後が最後になる事はなさそうです。マレーシアでは薬物の罪が死刑により処罰されきましたが、伝えられるところによれば、2018年から政府は薬用大麻も規制するための協議をしています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート