image 62
image 62

タイの医療大麻とクラトムの合法化が前進!​

Share on facebook
Share on twitter

タイは大麻とクラトムの医療目的での使用を合法化するために大きな一歩を踏み出しました。新しい議案が全会一致で支持された後、主要議員は現在、麻薬法の改正案を見直し、最終決定する作業を進めています。議案が最終的に法律に移行すれば、タイは医療マリファナを合法化する国になる可能性があります。

タイの新改正案

新しい議案の主な焦点は、患者がマリファナとクラトムを治療目的で使用することを合法化することです。これを実現するためには、最終的にタイの麻薬法に改正案を提出する必要があります。

これはまさに、現在の提案を担当するグループ、国会議員会議(NLA)の44人のメンバーのグループが達成したいことです。

タイのニュースから報告されているように、提案されている修正案には以下の変更が含まれています:

・カンナビスとクラトムは、医療用途のためにタイで許可される。

・麻薬統制委員会は、大麻の栽培と生産現場の設立を監督する。

・タイの保健省大臣は、麻薬管理委員会と協力してプログラム全体を監督する。

・この改正案は、省庁、地方行政機関、赤十字、政府製薬組織、医療専門家が医療大麻を所有することを可能にする。

・患者は治療のために必要に応じて医療用マリファナとクラトムにアクセスする許可を得ることができる。

・以前に麻薬法違反で有罪判決を受けた人々は、マリファナを所持する許可を得られない。

提案された改正案は、最近の立法聴聞会で正式にNLAに導入され、簡単に最初の段階を通過しました。この議案は次の法律制定に移行しなければなりません。

次に、NLAは29人の議員から成る委員会を設置します。彼らは、現在の法案の全面的な見直しを行います。NLAは、レビューに約60日かかると見積もっており、そこから、法案は次の段階に移り、さらに進んでいく予定です。

広範なサポートのおかげ

重要なことは、この提案は、簡単に法律規定を早期に通過しているわけではないということです。信じられないほど高いレベルのサポートのおかげで議案は通過しています。

NLAは最初の段階において、提案された改正案を満場一致で受け入れました。

さらに、強い支持を表明したのは政治家だけではありません。この提案は、国全体にも大いに支持されています。

タイのメディアによれば、この提案は、公聴会を通じて円滑な通過だったようです。タイの憲法では、これらの公聴会が必要です。NLAのデジタルフォーラムでは、99.03パーセントの人々が、マリファナとクラトムを医療用として合法化する考えを承認したそうです。

タイはマリファナの生産を把握する必要がある

提案が最終的に法律を通過したとすれば、マリファナの栽培・生産はすぐに国に直面する大きな課題の1つになると思われます。

法執行機関によって押収された大麻の検査では、潜在的に危険な農薬の存在が明らかになりました。試験では、殺菌剤、防カビ剤等の化学物質は見つけられませんでした。

いずれにせよ、これらのテストは、現在マリファナが国内にいるものは使用、特に医療用には不適当であることを示しています。その結果、持続可能な発展のインフラストラクチャーをどのように開発するかを把握する必要があります。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート