タイ医療大麻承認
タイ医療大麻承認

タイで医療大麻の使用が承認!東南アジアで合法化する最初の国に!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

12月25日火曜日、タイの立法府は、医療目的でのマリファナの使用を許可するように国の麻薬法を改正することに同意しました。

そして伝統的に興奮剤と鎮痛剤として使われ、地元で育てられたクラトム同様に医療目的での使用を許可されます。

1930年代に禁止されるまで、マリファナはタイで伝統的な薬として使用されました。

東南アジアは麻薬の使用または所有に対して世界で最も過酷な罰則を定めている地域ですが、タイは東南アジアで医療大麻の合法化を行った最初の国となりました。

近隣のマレーシアでも医療大麻の合法化については検討中です。今月初め、ニュージーランド政府は、以前は厳しく制限されていたマリファナの医療目的の使用を自由化する法律を制定しました。

タイの法律は13の棄権を持つ166-0の投票によって国民議会で最終決議を通過しました。

Royal Gazetteに発表されたときに法律となるこの変更は、製品の輸入、輸出、所有と医療目的のためのマリファナ製品とクラトム製品の使用を合法化します。

エンドユーザーは処方箋を必要とし、供給者、生産者、研究者は医薬品を取り扱うためのライセンスが必要になります。

マリファナやクラトムの嗜好品としての使用は違法のままであり、刑務所の条件および対象となる量に見合った罰金の対象となります。

公聴会はこの措置に対する圧倒的な支持を示しました。

法改正案では、最近の研究でマリファナ抽出物に薬効があることが示されており、「世界中の多くの国で法的改正を制定して、国民が法的にクラトムとマリファナを医療目的や嗜好品として使用できるようになりました。」

それは違法薬物として分類されているにもかかわらず、多くの患者が彼らの病気を治療するためにマリファナを使用していることを付け加えました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart