タイ 大麻クリニック
タイ 大麻クリニック

タイで、政府が伝統医学に基づいた大麻クリニックを開業!

Share on facebook
Share on twitter

1月6日の月曜日に政府が大麻の経済的および健康上の利益を推進しているタイのバンコクで、癌、不眠症、筋肉痛の緩和を求めている数百人のタイ人に無料の大麻オイルを提供する医療クリニックがオープンしました。

2018年にタイは東南アジアで医療用マリファナを合法化した最初の国になりました。多くのタイ人は伝統的な大麻をハーブとして長い間使用してきました。

政府は、数十億ドル規模の可能性がある大麻を収穫し、大麻オイルを抽出、蒸留、販売する技術へ積極的に投資をしています。

「今日が始まりです」と、アヌチン・チャーンビラクル保健大臣は、クリニックの開業で語りました。

「私たちはタイ人のより良い健康のために戦い、より良い経済のために戦います。」と彼は医者のコートを着たマリファナの葉のマスコットの隣に立ってAFPに語りました。

何百人もの高齢のタイ人が筋肉痛のために5〜10mgのガラス瓶に入ったオイルを受け取るのを待っていましたが、中には脳性麻痺で生まれ車椅子を必要とするナジュタのような、深刻な病気にかかった人もいました。

彼女の母親は、大麻オイルが娘の睡眠を改善し、落ち着きを保つのに役立つと述べました。

「彼女はよく眠れないので、私も眠れません」と彼女は言いました。「今は娘が落ち着いているので、うまくいくと思います。」

「私たちが大麻の抽出物について話すと、麻薬ではなく医薬品とみなす意識があります」とアヌチンは言いました。

それでも、誰がマリファナ植物を栽培し、大麻オイルを抽出できるかを管理する規則があり、批評家はこの法律が小規模農家の機会を制限し、大規模な農業産業企業に利益をもたらすと述べています。

医学研究により、大麻オイルは多発性硬化症やてんかんなどの症状に苦しむ患者の痛みを和らげるのに役立つことがわかっています。そして科学は、さまざまな形態の癌を含む他の深刻な病気への影響について研究しています。

ただ、大麻の娯楽的使用と取引は依然として違法であり、最大10年の刑務所での厳しい刑罰が科される可能性があります。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart