タイ 大麻オイル
タイ 大麻オイル

タイが遂に動く!入院患者に約1万本の大麻オイルを配布する計画!​​

Share on facebook
Share on twitter

来週、タイでは、入院患者に約1万本の大麻オイルを配布する計画があると、政府関係者は発表しました。医療大麻を合法化する法律が今年発効して以来、最初の公式使用となるでしょう。

政府医薬品機関(GPO)のエグゼクティブマネージングディレクター、Withoon Danwiboon氏は記者会見で、政府医薬品機関(GPO)は8月7日に病院に配布する4,500本の5mlボトルの大麻オイルを公衆衛生省に配布すると発表した。

残りの5,500本のボトルは、後で徐々に配布されます。

痛みと疲労を軽減するために大麻を使用する伝統を持つタイは、農業用収入を増やすのを助けるために医療目的の使用と研究のために大麻を合法化しました。

大麻オイルは、化学療法、てんかん、および痛みや吐き気を患っている患者の治療に使用される、と同氏は述べ、パーキンソン病、アルツハイマー病、および緩和ケアを受けている患者も恩恵を受けると付け加えました。

GPOは今月中に大麻植物の第2回目の植え付けを開始し、2020年初めまでに生産を温室栽培に拡大し、15万〜20万本のオイルを生産する予定です。

「供給不足のため、生産をスピードアップする必要があります」とWithoonは語りました。

国内産業に能力と知識を築かせる為に5年間は外国人投資家の参入と大麻の輸入は禁止されるだろう、と彼は言いました。タイのランシット大学は8月2日金曜日に、4種類の医療用大麻製品を製造したと発表しました。

大学の医療大麻研究所は、大麻の錠剤、大麻オイル、経口スプレー、そして伝統的な薬である大麻をベースにした料理のレシピのプロトタイプを発表しました。

同大学の学長、Arthit Ourairatは記者団に対し、「大麻の医学については、今後も大きな可能性があると考えているので、引き続き研究する」と述べました。

大麻を合法化するために運動し、現在は保健省の大臣を務めている政治家のAnutin Charnvirakulは、木曜日に別の声明で、大麻は娯楽目的ではなく医療目的にのみ使用されるべきであると述べました。

公衆衛生の志願者が健康上の利益を得るために自宅で大麻を栽培することを許可する措置を講じることになりますが、売却することは許可されません。

新しい民間政府は、医療用大麻産業の発展が農村地域に経済的機会を創出するための最優先事項としていると述べました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート