医療用大麻タイ試験
医療用大麻タイ試験

タイが医療用大麻の最初の試験に向けて準備中!7月には開催予定!?

Share on facebook
Share on twitter

3月8日金曜日、医療関係者によると、タイは患者に対する大麻オイルの最初の検査を開始する準備ができているとのことです。起業家のための金儲けの道を創り出しながら、苦しんでいる患者に救済をもたらすことができる新しい産業の興奮が渦巻いています。

マリファナはタイで何世紀にもわたって伝統的なハーブとして使用されてきましたが、数十年前に禁止されていました。

12月には、医療目的で合法化することを決定

レクリエーションの使用は違法のままですが、タイは医療用マリファナを採用した最初の東南アジアです。

政府医薬品機構(GPO)の研究開発担当ディレクターであるNuntakan Suwanpidokkul氏によると、国の認可を受けた大麻オイルの患者に与える影響のテストが、7月という早い時期に開催される予定です。

抽出物または「舌下滴剤」は、他の病気の中でもとりわけ、化学療法による悪心および疼痛を患っている志願者に投与されるでしょう。

「我々は完成品のためにオイルを抽出する必要があり、大麻植物を使うであろう」とNuntakan は語り、「我々は7月か8月に始めることを希望している」と付け加えました。

大麻は先月バンコク郊外にオープンした政府が管理する屋内農園から来ます。

その農園は制御された照明、温度および空中栽培として知られているミストシステムの下で栽培されたおよそ140の植物を持っています。

タイの議会が法改正に賛成票を投じて以来、グリーンラッシュの考え方が始まりました。

政党は農民の生計のための換金作物の恩恵を宣伝しており、4月には大規模な祭りが予定されています。

同国の食品医薬品局はまた、タイ人が医療上の理由からマリファナ使用を宣言する90日の恩赦を3月から開始すると発表し、さらに詳細を求める多数の電話を受けました。

カナダ、オーストラリア、イスラエル、そしてアメリカの半数以上の州を含むいくつかの国が医療用大麻を合法化しています。

米国に本拠を置くGrand View Researchは、医療用マリファナの世界市場は2025年までに558億ドル(6兆2000万円)に達すると推定しています。

しかし批評家たちは、タイが有利な業界で、競争力を持つための技術的なノウハウを欠いていると警告しています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート