| |

ジャマイカ政府とハーバード大学が大麻開発の提携!​

ジャマイカのオードリー・ショー首相は、島の産業省、農林水産省がHIPIと協力して、ジャマイカに競争力を与えることを目的としたさまざまな開発の主導に集中することを発表しました。

ショーは、HIPIの代表者が今週大麻などの薬用植物の栽培に関連する研究および栽培施設のツアーに参加するために国を訪問すると述べました。

「大麻製品の臨床試験を実施する機会があるので、HIPIと提携し、投与量の問題を解決する手助けを行います。もちろん、この問題を解決するための構想に自社の大学を関与させます。」と、ショーは先週セントジェームズモンテゴベイコンベンションセンターで開催されたCanExビジネスカンファレンスおよびエキスポで語りました。

この会議には、カナダ、メキシコ、米国などの大麻業界の専門家と、ヨーロッパ、南アメリカ、カリブ海、オーストラリアの市場のプレイヤーが参加しています。

CanExジャマイカの創設者ダグラスゴードンは、世界の大麻市場にて、ジャマイカが関わることでカリブ海の経済闘争の改善に役立つと表明しました。

西インド諸島大学のウェイン・マクラフリン教授によると、ジャマイカは地元の医療大麻産業が盛んになり、数十億ドルを稼ぐ態勢が整っています。

ジャマイカは大麻栽培品種で98%という大きな変動を保持しており、専門家はそれが驚異的な業界の利益への鍵となり得ると考えています。

「私たちはさまざまな遺伝子型を調べています。多様性は非常に高く、ジャマイカでは約98パーセントの多様性と遺伝的に異なるマリファナの系統があります。栽培者が、例えばセントアンでインディカを生産するか、歴史的なウェストモアランドで栽培される「スカンク」を生産するかに関係なく、農家は98%もの非常に異なる株を生産していることを知っています。」と、マクラフリンは語りました。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *