ジャマイカ 大麻
ジャマイカ 大麻

ジャマイカ政府がコロナ蔓延を防ぐため、大麻のオンライン購入を許可!

Share on facebook
Share on twitter

ジャマイカ政府は最近、コロナウイルスの流行を抑える手段として、大麻の注文をオンライン化し、「ハーブハウス=医療大麻ディスペンサリー」で製品を受け取ることができるようにすると、発表しました。

大麻ライセンス機関(CLA:Cannabis Licensing Authority)は、産業、商業、農業、水産省と連携して暫定的な規則変更を行いました。大麻診療所にすでに登録している患者は、オンラインショップを利用して製品を注文し、店舗で受け取ることができます。

この規則変更は、営業を許可されている施設での滞在を最小限に抑え、スタッフと患者の接触も同様に制限するでしょう。

政府によって発行された、コロナウイルスのリスク管理規則では、「ハーブハウスは、医薬品の供給のために、小売サービスを提供しているビジネス、と見なされる可能性がある。したがって、今回の指令に基づいて、小売サービスに与えられた特権は、ハーブハウスに適用できると考えられます。」とCLAは述べています。

大麻ディスペンサリーがオンライン注文を始める場合は、パスポートや免許書などの政府発行の写真付き身分証明書や医療用大麻プログラムでの登録証明などの文書をCLAに提出する必要があります。また、「必要な基準に従って、規定されたタイムライン内でCLAにレポートと在庫を提出する」必要もあります。

政策の変化は、ソーシャルディスタンスの要求と屋内退避命令がある中、当局が大麻業界の適応をどのように支援しているかの最新の例です。

先週の別の動きとして、CLAは大麻製品の輸出入に関する暫定的な規制も制定しました。

 

References: Marijuana Momentなど/written by Kyle Jaeger

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート