Medical Marijuana
Medical Marijuana

シチリアが患者に対して無料で医療大麻を供給する法令に署名!

Share on facebook
Share on twitter

1月22日に、医療用大麻に関して特定のプログラムに参加者しているシチリアの大麻患者に対して大麻の供給が無料にするというニュースがありました。シチリア州の保健行政のトップであるルジェロラザは、慢性または神経障害性疼痛、脳性麻痺、または多発性硬化症の患者が政府から補助として大麻を得ることができるという法令に署名しました。

イタリアのシステムによると、患者は医師から大麻の処方箋を取得する必要があります。その書類を使用して、患者たちはイタリア国防省または認定輸入業者から供給を受け、認可された薬剤師から大麻を購入することができます。

現時点では、イタリアの医療用大麻の大部分はオランダの医療大麻オフィスを通じて供給されていますが、国防総省内の機関である“Stabilimento Chimico Farmaceutico di Firenze”も医療用大麻の供給を許可されています。2013年以降、イタリアでは医療用大麻は合法化されています。

カナダの大麻会社オーロラもイタリアの医療サプライヤーの1つです。6月に今後2年間で400キログラムを輸入することが許可されましたが、その契約の一部は11月にキャンセルされました。オーロラはEU政府の間で人気のある選択肢です。このブランドはルクセンブルク政府とも契約しており、アイルランドの医療大麻システムで許可される3種類の認可製品のうちの1つを供給しており、今後数か月以内に稼働する予定です。

イタリアの大麻へのアクセス拡大の探求における最近のニュースは、シチリアの補助だけではありません。先月、国の最高裁判所は、市民が自宅で大麻を栽培できるべきであり、個人的な栽培は大麻関連犯罪の刑事上の迫害とは関係がないと決定しました。裁判所は、「自宅では、小規模な栽培活動は刑法の適用から除外されると見なされるべきである」と述べる12月19日の意見を発表しました。

裁判所の家庭栽培の決定は、大麻植物の栽培を発見したときに1年の収監と3,000ユーロの刑を宣告されたトッレアンヌンツィアータのようなケースがきっかけとなりました。

イタリアのCBD

現地で「ライトな大麻」と呼ばれるCBD製品は、イタリアの店舗で広く入手可能であり、年間約4,000万ユーロをもたらします。ヘンプはイタリアの気候でよく育ち、徹底的な小麦栽培によって枯渇した土壌の再生さえ助けます。

しかし、麻ベースの製品は論争を免れておらず、国の保守的な政党から攻撃を受けています。去年の夏に大麻店を襲撃した結果、1人のビジネスオーナーが警察に店のドアに鎖をつながれてしまいました。これに応じて、イタリアの議会は麻ベースの製品を合法化することを票決しましたが、12月にこの計画を上院によって覆され、拒否されました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter