大麻税 幼稚園児
大麻税 幼稚園児

コロラド州議員は大麻収入をより多く、幼稚園児に送るよう推薦!​​

Share on facebook
Share on twitter

コロラド州が2014年の初めに2018年の終わりまで最初の合法的な販売を行って以来、Building Excellent Schools Today(BEST)基金のおかげで、1億6000万ドルが学校建設に使われました。しかし今、議員たちは、その数を増やし、州の大規模なレクリエーション用マリファナ業界から学校が期待できる支援の種類を拡大することを推進しています。

1日中運営している幼稚園に資金を提供するという州知事Jared Polisの目標では、金額をもっと高くする必要があるかもしれません。このプログラムを支援するのに必要な資金に関しては先月の州議会予算協議の議論の中で注目の話題でした。

現在、州の61,749人の幼稚園児の約80%が、終日プログラムを利用しています。いくつかのプログラムは家族から300ドルから400ドルの授業料を毎月必要としますが、他のものは経済的に落ち込んだ地区のための連邦基金を利用しています。

現時点で州は、年長の学生に提供する資金と比べて、幼稚園に通う年齢の子供たちに対しては、約半分の資金しか提供していないため、プログラムの資金調達には予算の優先順位の変更が必要です。

一部の州議会議員は、その資金の少なくとも一部がマリファナからのものである可能性があることを特定しており、有権者が2014年に改正64を承認し、州全体で娯楽用大麻を合法化したときから、意図された公教育の支援計画に基づいて販売されている、と述べています。

州の大麻収入の割合の拡大は、有権者の意図をさらに尊重し、学校と大麻基金の間の利用枠を広げるだろう、と法案の支持者は言います。

彼らの新しいプランHB 1055は、すべての物品税収入をBESTに送金し、今年は580万ドルの増額を予定しています。他の手当の中からも終日運営する幼稚園施設の建設に2500万ドルが送られるでしょう。

デンバーポストによると、州は7億4000万ドル以上のマリファナ税収を集めています。これは合法的な販売開始で、アルコール小売の収入を上回った数字になります。この金額は、大麻の販売に関する州の予測をはるかに超えています。

ジェファーソンカウンティスクールの施設と建設担当エグゼクティブディレクターであるティム・リード氏は、人々は頻繁に「そのマリファナのお金はどこにあるの?」と尋ねてくる、と12月にポストに語りました。

「この会議が開催されるまでに、何回コミュニティの会合を行ったのかわかりません」

現在、マリファナ物品税の4,000万ドルが教育のために割り当てられていますが、大麻のお金は多くの分野で州にとって恩恵を与えていることが判明しました。

州議員は、指定された「許容される目的」の範囲内で、資金を合法的に分配することができます。コロラド州の共同予算委員会によると、2018-19年度にマリファナの税収の比率が上がるのは次のとおりです。

子供と青少年サービス(22.6%)、精神障害、行動障害、あるいは嗜癖障害に関する医療サービス(21.7%)、公衆衛生サービス(15.1%)、住宅サービス(12.5%)。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート