大麻 宅配 アイコン
大麻 宅配 アイコン

コロラド州知事が大麻宅配、社会的利用、投資についての法案に署名!​​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

コロラド州の合法的なマリファナ市場は、5月29日水曜日に大麻の試飲室、宅配、業界への州外からの投資を可能にする3件の法案に署名するなど、大幅なアップグレードが進んでいます。

ジャレドポリス州知事(D)は、法案調印式に出席したとき、改革支持者および業界の代表から拍手を送られました。
合法化を促進する知事は、前任者が棄却した法律で市場拡大を支持するとの公約を果たしました。

「今やこれは法律だ」とポリスは法案に署名した後に語りました。

社会消費法では、大麻小売業者が優遇されている指定の場所で消費される可能性があるマリファナ製品を販売する新しいライセンスが作成されます。

コロラド州の大麻ツアーの創設者、マイケル・アイマー氏はプレスリリースで、「コロラド州の大麻は、恵まれていない環境から卒業し、社会レベルで正規化が認められる最終段階に入りました。」と述べました。

「私のビジネスパートナー、私自身、そして私のスタッフ全員を代表して、私たちはこの歴史的な変遷の一翼を担うことができることを非常に誇りに思います。」

認可された医療大麻店は、2020年1月から別の法案の下で患者にマリファナを届けることができるようになるでしょう。2021年1月から、娯楽用大麻ディスペンサリーは21歳以上の大人に配達できるようになります。

社会的利用および提供の提案では、企業がこれらのサービスを提供することを許可する前に、地域コミュニティの同意が求められています。

コロラド州法の下では、最後の法案は「上場企業がマリファナライセンスを保有することを禁止する規定を廃止する」としています。そして投資家の経歴調査も制限されます。

署名により、ポリスは再び現在2020年の民主党の大統領候補である元知事ジョーン・ヒッケンルーパー(D)よりもマリファナ業界に適しており、その拡大を承認する意思があることを再度証明しました。

彼は以前のインタビューで、特定の大麻の法律を拒否するというヒッケンルーパーの決定に賛成しないことを述べ、選出されればそれらの提案を支持すると述べていました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu