大麻税
大麻税

コロラド州が大麻税でおよそ10億ドルの収益!

Share on facebook
Share on twitter

コロラド州の合法的な大麻市場が誕生してから5年後、アメリカでの最初の州全体の合法化「実験」は成功と証明されました。

2012年、コロラド州とワシントン州の有権者は、州の画期的な成人用の大麻合法化法案を通過させました。コロラド州の市場は、2014年1月1日に最初に全国的なお祭りのような賑わいを開始しました。

2018年10月の時点で、合法的な大麻小売業者はおよそ60億ドル相当の大麻を配布していました。そして、州は約8億8000万ドルの大麻税収を集めました。

デンバー市だけで、大麻税は教育資金の1280万ドルを生み出した、とデンバーチャンネルは報告します。これにより、これにより、15の異なるデンバー公立学校で、8つの異なる若者向けトレーニングプログラム、また教育的決定と正確な人と人の会話を促進する「High Costs」による青少年教育および防止キャンペーンが実施されました。

しかし税収以外にも、コロラド州の大麻産業は、革新、技術の進歩、そして起業家精神に富んだ補助的な市場を含む、新たな雇用と雇用の機会を数多く生み出しました。

コロラド州はまた、大麻研究や植物の合法化または非犯罪化を検討している他の州のための試験場としても機能してきました。 ニュージャージー州、ユタ州や他の州の議員たちは、彼ら自身の大麻の法律を考えながら州を訪問していました。

そして、コロラド州とワシントンの歴史的な合法化の投票に至るまでに大麻反対主義者たちによって煽られた、最悪の事態を目撃したことはありません。

特に騒がれていた未成年者の大麻使用は増加していません。実際に、合法化が10代の使用率を減らへらしているといくつかの研究が示しています。さらに、Global Newsの報道によると、コロラド州では、合法化されていない他の8州と比較して、自動車事故による死亡者数の大幅な増加は見られません。

さらに、コロラド州ではマリファナの逮捕が明らかに激減し、他のより深刻な犯罪の捜査と予防に貴重な警察の時間が割かれています。

コロラド州とワシントン州が合法的な大麻市場を設立して以来、米国の1つの領土とワシントンDC、その他の8州が大麻禁止を廃止することを選択しました。特に東部沿岸部では2019年に合法化が予定されています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート