ヘンプ
ヘンプ

ケンタッキー州の会社がヘンプを使って、オーク材の代替品を製造!​​

Share on facebook
Share on twitter

Woodworking Networkのレポートによると、ケンタッキー州の会社HempWoodは先週月曜日にマレーに拠点を置く製造施設を正式に開設し、伝統的な木材よりも環境に優しい木材代替品を作ることを約束しました。

リボンカットのセレモニーの後、ヘンプウッドのリーダーであるグレッグ・ウィルソンは、建設、木工、フローリング用の板にカットできる麻(ヘンプ)ベースの丸太の作成過程を実演しました。

「6か月で成長するものを使用しており、200年で成長する熱帯広葉樹を再現する、もしくはそれを上回ることができます。」— ウィルソン

この施設は、年間100万ドル相当の原材料を使用する予定であり、レポートによると、これらはすべて地元のケンタッキー州の大麻農家から調達されます。

実際、同社は地元にある事業のさまざまな側面をできるだけ守る為、マレー州立大学と提携しています。大学の学長であるボブ・ジャクソン博士は、このパートナーシップが「インターンシップ」と「将来の仕事」につながるとともに、「農業の観点、ビジネスの観点、化学の観点から教育と学習の機会をもたらす。」と述べました。

ヘンプは2018年の終わりに連邦法の変更によって合法化されました。それ以来、産業用ヘンププログラムを始めとする州の大規模な流入があり、スペースを開拓しようとしている企業もあります。先週、USDAはヘンプ農家が連邦作物保険の資格を得ることができると発表しました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート