カンナビノイド受容体
カンナビノイド受容体

カンナビノイド受容体はなぜ人体にあるの?受容体の機能や位置について

大麻植物がなぜ強力な身体的および精神的効果を生み出すことができるのか疑問に思ったことはありませんか?大麻は他の植物ではできない方法で人体と相互作用します。

大麻には大麻植物特有のカンナビノイドと呼ばれる化学物質が含まれています。カンナビノイドは、カンナビノイド受容体と呼ばれるヒト細胞上の特別な部分に関与することができます。ただ、私たちの体にカンナビノイド受容体があるのはなぜでしょうか?私たち人間は、存在する前から大麻を消費する運命だったのでしょうか?その答えは、まだ正確ではありません。

 

カンナビノイド受容体とは何ですか?

細胞は、細胞受容体と呼ばれる特殊な部位を通じて周囲からの信号を検出します。受容体は細胞の表面に位置し、入ってくる化学的伝達信号によって活性化されたりまたはブロックされます。

受容体にはさまざまな種類がありますが、一つのカギでロックが解除できるのと同じように、受容体もそれぞれ特定の部類の化学化合物に反応します。

カンナビノイド受容体は、カンナビノイドと呼ばれる化学物質に反応する特殊な受容体の分類です。カンナビノイド受容体を介して、細胞は近隣および周囲からカンナビノイドの伝達を受信できます。

カンナビノイドは、外部と内部の両方の資源から取得することができます。外因性カンナビノイドは、大麻植物のような資源から取得できます。一方、内因性カンナビノイドは、人体によって自然に生成されます。

カンナビノイドおよびカンナビノイド受容体は、内因性カンナビノイドシステム(ECS)の一部です。ECSは、カンナビノイド因子、カンナビノイド受容体、および酵素タンパク質で構成されるシステムで、これらの実体は、人体の恒常性を維持するために働きます。
カンナビノイドがカンナビノイド受容体と結合すると、細胞内の自然な平衡に影響します。また、結果として生じる変化は、体内の調和にカスケード効果をもたらす可能性があります。このため、内因性カンナビノイドシステムの変更は、人間と動物の健康に広範な影響を与える可能性があります。

 

カンナビノイド受容体があるのはなぜですか?

カンナビノイド受容体は、生来のストレス管理と学習システムの一部を担っています。要するに、私たちは自然にストレスに耐え、環境を学び、対応するのに役立つカンナビノイド受容体を持っていることになります。

ストレスの多い出来事の後、または肉体的損傷、感情的ショックのいずれにおいても、内因性カンナビノイドシステムは、身体を調和のとれた状態に戻す働きをします。

たとえば、内因性カンナビノイドは、身体の痛みに反応して放出され、損傷後はカンナビノイド受容体の濃度が増加する場合があります。感情的なストレスに関して内因性カンナビノイドシステムは、負の記憶やトラウマ的な記憶を忘れるのに役立つ可能性があります。

もし、カンナビノイド受容体がなければ、慢性疼痛、慢性炎症、発作、食欲不振、気分調節の困難などの症状を経験する可能性があります。

 

CB1およびCB2受容体はどこにありますか?

カンナビノイド受容体には、カンナビノイド受容体1(CB1)とカンナビノイド受容体2(CB2)の2つの主なタイプがあります。科学者は、3つ以上のカンナビノイド受容体が存在する可能性があると強く推測していますが、まだ発見されていません。

それぞれのカンナビノイド受容体が存在している位置は、カンナビノイド受容体の機能を説明しているように見えます。たとえば、CB1受容体は脳で最も豊富に存在しており、一方、CB2受容体は体全体に存在しています。したがって、これらの受容体が異なる機能を持っていることは驚くことではありません。

CB1受容体はどこにありますか?

CB1受容体は主に神経系全体に存在し、濃度はわずかですが他の臓器や他の組織にも存在します。

中枢神経系では、CB1受容体は脳組織全体で非常に高密度となっています。しかし、CB1受容体は臓器全体に均等に分散されていません。代わりに、認知、記憶、感情など、特定の脳領域でたくさんあります。

これらの理由から、THCの精神活性効果は驚くことではありません。向精神分子は、ゆっくりとした動き、ゆがんだ時間感覚、物忘れを引き起こしますが、受容体の位置を見ると、理由が理解しやすくなります。

CB2受容体はどこにありますか?

CB2受容体は、主に免疫器官と免疫細胞にあります。CB1受容体と同様に、CB2も脳内にあります。ただ、CB1受容体とは異なり、CB2受容体は精神作用に関連していません。代わりに、これらの受容体は、感染および損傷に対する応答の媒介に役立ちます。

脳幹のカンナビノイド受容体
脳幹には、心拍と自動呼吸を制御するいくつかの重要な反射センターがありますが、カンナビノイド受容体は脳幹では見つからないこともあり、大麻を過剰摂取し致命的になることは不可能だと言われています。

カンナビノイド受容体がなければ、大麻化合物はこれらの領域に影響を与えることはできません。そのため、大麻を摂取しても、心拍が止まったり、呼吸が止まったりする可能性は極めて低くなります。オピオイド鎮痛剤やアルコールなどの他の物質は、これらの反射中枢に影響を与える可能性があります。したがって、これらの物質を過剰摂取すると致命的な状態になってしまうこともあります。

 

カンナビノイド受容体はどんな機能がありますか?

カンナビノイド受容体が行うことは、カンナビノイド受容体の位置によって異なります。たとえば、脳では、カンナビノイド受容体が興奮性および抑制性神経伝達物質に影響を与えます。神経伝達物質は神経細胞特有の化学因子であり、脳にあるものと同じように。興奮性神経伝達物質は刺激を与え、抑制性神経伝達物質は落ち着きを与えます。

脳では、カンナビノイドは興奮性とうつ病のバランスをとるメカニズムとして機能します。このバランスは、脳が恒常性を維持する方法の一つです。

カンナビノイド受容体は脳と体全体に存在するため、食欲、成長と発展、炎症反応、学習、記憶、代謝。気分、痛みの感覚、再生等、さまざまな身体機能に影響を与える可能性があります。ただし、これはカンナビノイド受容体が行うことの包括的なリストではないことに注意することが重要です。これらの受容体は、それらが位置する場所に応じて異なる役割を果たすだけでなく、内因性カンナビノイドシステムの役割もライフサイクルを通じて変化します。

たとえば、カンナビノイドは胎児の成長と発達に影響を与える可能性があります。出生後、カンナビノイドは母乳に含まれており、乳児が乳を飲むように促します。小児期および老年期を通して、カンナビノイドは脳の学習および可塑性に影響を与える可能性があります。

老齢期には、カンナビノイドが脳の変性から保護する可能性があります。

この記事をシェアする

Facebook
Twitter