医療大麻 病院
医療大麻 病院

カリフォルニア州の法案は病院で末期患者の大麻使用を許可する!​

Share on facebook
Share on twitter

カリフォルニアの大麻活動家たちは4月5日金曜日にサンディエゴのダウンタウンにある州政府の建物の前で上院議員と集まり、Ben Huesoは、上院議員法案305、大麻への思いやりのある利用法の支持を集めました。

この法案がもし通過すれば、医師の承認を得た末期患者が医療施設で医療用大麻を使用することを許可します。

SB 305は2月にHueso民主党員によって紹介され、来週上院委員会による審問の予定です。この法案は、昨年42歳ですい臓癌で亡くなったRyan Bartell敬意を表して、Ryanの法律としても知られています。

Bartellは診断後、痛みを和らげるためにワシントンの医療施設に置かれ、高用量のアヘン剤を与えられました。Bartellの家族は、代わりに大麻で治療したいと願っていましたが、彼がいた施設は医療大麻の使用を許可しないと知らされました。Cannabis Nurses NetworkのNurse Heather Manusの支援を受けて、Bartell家はRyanを別の施設に移動させ、医療大麻を使い始めることができました。

「彼は、モルヒネを使いただ外出するだけではなく、むしろ活発になることができました」とNurse Heatherは言いました。「彼は、最後の日々を家族と一緒に、痛みもなく活発に過ごすことができました。そして、末期ケアの間、本当にそのクオリティ・オブ・ライフを過ごしました。」

大麻への思いやりのある利用法は、他の患者や家族が麻薬の影響で苦しむ必要がなく、自分の大切な人と一緒にいる瞬間を大切にする機会があることを願って、Ryanの父Jim Bartellによって書かれました。

多くの病院や他の医療施設では、連邦のDrug-Free Workplace Actにより、医療大麻の使用が禁止されています。これは、連邦基金を受け取る機関が規制物質の使用と配布を禁止することを義務付けられています。Ryanの法律は、終末期にある患者が医師の承認を得て医療大麻を使用することを許可し、他の患者および病院職員や患者の安全を確保しながら、医療施設に大麻使用を許可する方針を実施する権限を与えます。

Jim BartellがRyanの法律を書くのを手伝った弁護士のKen Sobelは、この法案は薬としての大麻にまだ関連している汚名を取り除くのに役立つことができると述べました。

また、法案が可決されれば、医療施設に医療大麻政策を積極的に確立するよう要求するだろうとも彼は述べました。

アメリカ合衆国上院保健委員会は4月10日にサクラメントの州議会議事堂で大麻への思いやりのある利用法についての公聴会を開催します。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart