カリフォルニア 大麻 犯罪歴
カリフォルニア 大麻 犯罪歴

カリフォルニア州が11,500件の大麻の有罪判決を抹消!

Share on facebook
Share on twitter

カリフォルニア州サンタクララ郡高等裁判所の発表によると、州法違反ではない訴訟の犯罪記録を清算するための継続的な取り組みの一環として、大麻犯罪に対する11,500件以上の有罪判決が抹消または軽減される予定です。この犯罪歴の抹消は4月29日水曜日にエリックS.ジェフォン裁判官によって許可されます。

「サンタクララ郡高等裁判所は、今日数千人もの犯罪歴の清算を命ずることができることを嬉しく思います」と裁判長のデボラ・アン・ライアン裁判官は、マリファナの有罪判決の付随的な損害について言及した声明で述べました。

「私たちは、このプロセスが対象者の心の整理を提供することを願っています。犯罪歴の清算がされていれば、雇用を求める人々の助けにもなります。これは、企業が活動を再開ときに特に重要な問題となります。」

 

影響を受ける人は9,000人以上

カリフォルニアのシリコンバレーの本拠地であるサンタクララ郡の検察官によるこの動きは、9,000人以上の被告の11,500件を超える有罪判決を無効にするか軽減します。この取り組みは、カリフォルニア州での大麻の娯楽使用と販売を合法化する2016年の提案64によって承認されました。

低レベルの大麻犯罪の犯罪歴を清算するペースは、被告が有罪判決を抹消するように裁判所に請願書を提出することを要求するルールが原因で、スロースタートになりました。多くの被告は、時間がかかり、何度も法廷に出廷する必要があるこのプロセスを完了できませんでした。

しかし、2018年に可決された法律により、州全体の検察官に、違法ではない多くの犯罪に対する有罪判決を積極的に抹消し、他の多くの罪を重罪から軽罪に減らすよう指示を行い、このプロセスは加速されました。

検察は今年7月まで法を遵守しなければなりません。 2月、ロサンゼルス郡の検察官は、1961年にさかのぼり、66,000の有罪判決が抹消の対象として特定されたと発表しました。

昨年の夏、カリフォルニア司法省は、抹消の対象となる可能性のある有罪判決のリストをサンタクララ郡地方検事局に送信しました。しかし、検察官はすぐにリストが完全ではなく、清算される資格がある多くの有罪判決を含まれていないことに気づきました。

「私たちが司法省から得たリストは役に立ちましたが、包括的ではなく、多くの人々を見落としていました」と、地方検事補デービッド・エンジェルは述べました。

検察官は改訂されたリストを作成しました。これには、数回の監査の結果、13,000件のケースが含まれていましたが、すべてが完全に抹消されるわけではありません。一部の有罪判決は重罪であり、代わりに軽犯罪に軽減される予定です。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート