噛み大麻
噛み大麻

カリフォルニアの大麻会社が「噛み大麻」を開発!

Share on facebook
Share on twitter

新しい大麻会社であるCannadipsは、昔ながらの噛みタバコ、つまりスヌースをモデルにした噛み大麻を販売しています。

小さなココナッツ繊維の袋に囲まれた文句フルーツ、エッセンシャルオイル、そして乾いた大麻のチンキで作られており、カンナビノイドは口腔内層から直接血流に吸収され、肝臓全体を迂回します。より速く「ハイ」になれますが、効果は長続きしません。

Cannadipsは、そのスヌースを3つのフレーバーで販売しています。アメリカン、シトラス、そしてミントで、それぞれTHCとCBDの両方の種類があります。

まず、口から吸収することができるスヌースを作成するために、大麻を水に溶かさなければなりませんでした。

「大麻のカンナビノイドは脂溶性です。一般的にカンナビノイドを摂取するには、燃焼するか(これは有害な影響を及ぼします)、または食品に結合して、食べる必要があります。」と創設者ケース、マンデルは述べており、続けて次のように語っています「Cannadipsが水分散性大麻を作成することができたという事実は、化学的な偉業である。」

現在、Cannadipsはカリフォルニアでのみ利用可能であり、ウェブサイトは現在Cannadips関連のみを販売しています。しかし、現在市場で入手可能な唯一の噛み大麻は、「いつの日か」他の場所でも利用可能になるかもしれません。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート