大麻の配達
大麻の配達

カリフォルニアで大麻の配達が正式に合法化!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

1月16日、カリフォルニア州行政法務局(OAL)は、娯楽用大麻の販売が施行されてから1年余り経って、州の大麻産業を管理する最終規則および規制を承認しました。大麻管理局(BCC)、食糧農業省および公衆衛生局は、12月にOALに提出する前に358ページの規則および規制を書面にし、改訂するのに何ヶ月も費やしました。

認可が下りている何千もの農場、小売業者、研究所、その他のビジネスを含む大麻業界は、一時的な規則の下で運営されていましたが、その多くは現在法律で固められています。最も注目に値する政策の1つは、大麻を禁止する地方法を通過した地方自治体でさえも含む、カリフォルニア州のどの管轄区でも、ディスペンサリーがマリファナの配達を許可することです。これらの規則は、州認可を受けた100以上の「店頭販売以外」の配達会社とその顧客に対する法的保護を保証します。これは、自宅から出られない可能性がある高齢者や、外に出ることに対して制限がある人々にとって特に朗報です。

「これらの分野にみんなが関心を持つようになった」と、カリフォルニア州ユーレカのディスペンサリー、エコカンの経営者である、レイ・マークランド氏は言います。「私たちは、州の暫定的な法律に基づいて事業を展開しました。これは身体障害のあり、製品を入手することができないお客様に適しています。それは大麻業界と毎日の消耗品としての大麻への正当性を示すものであり、使用を恥ずかしいと思うものではありません。」

カリフォルニアは公式にすべての自治体で大麻の宅配便を合法化した最初で唯一の州です。Times-Standardによると、配達用車両は、一度に最大5000ドル相当のマリファナしか持ち運ぶことができず、盗難やその他の犯罪の「危険を減らすため」に大麻を運んでいることがわかる印を付けてはいけません。また、支持者たちは、州の自治体の約4分の3が、許可されている大麻店の開店を禁止する地方法を可決したため、繁栄を続けているマリファナの闇市場を、合法的な配達サービスが弱体化させる、と語っています。

カリフォルニアで新たに正式に制定された規制は、対小児安全包装とすべてのマリファナ製品に含まれる重金属や毒素の検査規則の厳格な使用を義務付けています。国法銀行は米国財務省によって管理されているため、マリファナは引き続き現金のみのビジネスとなります。しかし今後、大麻小売業者は購入前に顧客IDを確認するだけで済み、名前やその他の識別情報を記録する必要はなくなりました。

「これらの承認された規制は、カリフォルニアの大麻免許当局による2年以上の努力の集大成です。」と、州の大麻管理局の局長、Lori Ajaxは声明の中で述べています。「一般市民からのフィードバックは、大麻事業のための明確な規制を策定し、公共の安全を確保するうえで非常に役立ちました。」

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart