カナダ 闇市場
カナダ 闇市場

カナダ人の8割はまだ違法に大麻を購入!多くの売上が闇市場に!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

カナダが合法化し、娯楽用大麻の販売を規制し始めてから半年近く経ちます。

その期間、カナダ統計局は薬物への支出を監視し、3月1日金曜日に最新の結果を発表しました。

カナダ統計局のデータによると、「第4四半期の世帯の大麻支出額は総額59億ドル(名目ベース)で、違法な大麻は47億ドル、合法的な大麻は12億ドルでした。また、大麻は世帯総支出の0.5%を占めました。」

大麻は現在カナダ全土で合法的に入手可能ですが、消費者のおよそ80%が違法に購入し続けているようです。

カナダ統計局の報告書のさらに下に、連邦政府機関はなぜこれが当てはまるのかについてのヒントを提供しています。

「統計カナダのクラウドソーシングウェブサイトStatsCannabisで収集されたデータは、合法的な大麻のバッツに支払われた平均の総合市場価格が2018年の第4四半期に9.70ドルだったことを示しています。」「一方で、違法な大麻の平均価格は6.51ドルで、合法的な大麻の価格より32.9%低かった」(カナダ統計局は、これらの数字はウェブサイトを通じて提出された自己申告のデータに頼っているので「慎重に解釈する」と述べている。)

バンクーバーでは、市はディスペンサリーが合法的に運営することを可能にする事業免許証の発行が遅れています。

バンクーバーは2015年の夏以来、店頭での大麻販売を規制していましたが、2018年10月にカナダが大麻を合法化した後、何十もの店が連邦麻薬法に違反し続けました。

2019年1月、2868 West 4th AvenueにあるEvergreen Cannabisは、国会によるCannabis法の可決に対応して市が規則を改正した後、発行された事業許可を確保するバンクーバーで最初の大麻薬局(ディスペンサリー)となりました。それは1月5日に政府の規則と規制の3つのレベルすべてを完全に遵守して大麻の販売を始めました。

カナダ統計局によると、2018年には大麻取引の80%が未だに違法であるとされていますが、2019年2月のノバスコシア銀行の報告書によるとカナダの闇市場で娯楽用大麻を購入する割合は急速に落ち込むと予想されています。

その文書に含まれる見積もりは、今年、カナダで消費される娯楽大麻の71パーセントを違法な売上が占め、その後2020年には37パーセントを占めるに過ぎないと述べています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu