カナダ 犯罪歴取消 大麻
カナダ 犯罪歴取消 大麻

カナダで大麻所持の犯罪歴取消を促進するための法案が通過!​

Share on facebook
Share on twitter

カナダ政府はついに、大麻関連の軽犯罪で有罪判決を受けた人々に対する恩赦の手続きを早める法案を可決しました、とCalvin Hughesは述べました。

ビルC-93は先週末、カナダ政府からロイヤルアセントを受けました。この法案の可決は、過去の大麻の犯罪歴を持っている人々のために、カナダの恩赦システムにいくつかの変更を導入します。以前は、元犯罪者は5年から10年の間で恩赦の資格を得るまで待つ必要がありました。そして、応募資格が得られた後は、631カナダドルの恩赦手数料を支払う必要がありました。

新法の下では、大麻の有罪判決を受けた人々は直ちに無料で恩赦を申請することができます。

公安省のグダレ大臣は、法案を可決するのは正しいことだと述べました。「単に大麻を所持していただけで犯罪歴がある人は、その記録の重荷と汚名を解き放ち、就職し、教育を受け、アパートを借り、旅行し、地域社会でボランティアし、彼らの生活を簡単にするべきです。」とグダレ大臣は声明で述べました。

法案C-93に基づき、約1万人のカナダ人が恩赦の対象となります。この数字は多いように思えるかもしれませんが、全国で大麻所持の犯罪歴を持っている25万人のごく一部です、とナショナル恩赦センターのディレクターであるマイケルアシュビーは述べました。アシュビーは、ほとんどの大麻の有罪判決は、1回のマリファナ容疑だけではないため、ご容赦の対象にはならず、多くの人々が新しいプログラムを利用することをあまり期待していません。

Pardons CanadaのAndrew Tanenbaum所長も、アシュビーとは異なる理由から新しいプログラムはあまり普及していないと考えています。Tanenbaum氏は、古い料金のせいで恩赦を受けていない人の数は比較的少ないので、恩赦を無料にしても申請が急上昇しないと考えています。

Tanenbaum氏は、近年では警察があまり大麻所持事件を起訴していないため、恩赦申請の数は同じままである可能性が高いと付け加えました。

Parole Board of Canada(PBC)は、大麻関連の恩赦を申請することがカナダの法律の下で現在無料であることを個人が認識できるように支援プログラムを準備していると述べました。PBCはまた、ウェブサイトにプロセスに関する情報を掲載します。

PBCの広報担当、Iulia Pescarus Popa氏は、次のように述べています。

恩赦プログラムの開始はもともと今年初めに開始する予定だったが、法案は自由党政府の反対者からの押し戻しと同様にいくつかの障害がありました。カナダの左派NDPは、刑事記録の完全抹消を実施しない自由党を批判してきました。恩赦が過去の犯罪を許す一方で、抹消は完全に犯罪歴の有罪判決を取り除きます。反対者は法案が元大麻犯罪者に新たな出発点を与えるのに十分ではないと考えています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter