| | | |

カナダでは大麻不足が懸念!?3年後に供給が安定している予想!​

カナダの大麻業界の幹部らは、国内の製品不足が緩和するのに3年もかかることを警告しています。ブルームバーグの報告によると、大麻の生産量の見積もりは楽観的すぎるとの見方もあります 。

10月に娯楽用マリファナの販売と使用が合法化されて以来、カナダでは製品不足のため一部の大麻小売業者は営業時間を短縮したり、購入を制限したりしています。アルバータ州では、規制当局は当初、今年の終わりまでに最大250の大麻の店が営業できると推定していましたが、製品不足のため、11月に免許の発行を一時停止しました。その結果、アルバータ州には65の大麻小売店しかなく、そのうち20がカルガリーにあります。

トロントのAuxly Cannabis Group Inc.の最高経営責任者であるChuck Rificiは、大麻の生産拡大の課題は、合法的な娯楽用大麻市場の要求を満たすことに困難にしていることだ、と述べました。

「実行には多くのリスクがあり、人々は10倍、20倍に拡大しています」とRifici氏は言います。「個人的に、私たちは少なくとも均衡まで到達するには3年はかかると思います。」「最終的には20倍に成長する製造施設では遅れが生じる可能性が高い」と彼は付け加えました。

Organigram HoldingsのCEOであるGreg Engelは、需要が供給に追いつくには「数年」かかると考えています。また、Valens Groworksの戦略および投資担当の副社長であるEverett Knightは、2年から3年はかかる可能性があると語った。彼は、何人かの栽培者は、カビのような問題による生産損失を正確に予測しないと言いました。

「ほとんどの人が考えるよりも大麻を育てるのは難しい」とナイトは言っています。

しかし、大麻小売業者High TideのCEO、Raj Grover氏は、供給問題は「毎月、毎週」改善していると語っています。

Grover氏は、次のように述べています。「アルバータ州にある私達の店には十分に在庫があり、大きな収益を生み出しています。 私は、25店舗をオープンするというオンタリオの決断は誇張ではないと思います。政府は少し考えすぎていると思います。」

政府は「十分な供給」を予測する

カナダ保健省の広報担当タミー・ジャーボー氏は11月の声明で、製品不足が予想されると述べました。

「かなりの消費者需要がある、他の業界と同様に、我々はいくつかの製品の在庫が乏しくなるか、あるいは場合によっては尽きる期間があるかもしれないと予想します。カナダ保健省は、現在および将来の市場の需要を満たすのに十分な量の大麻が全体的に供給されていると確信しています。」と、Jarbeauは語りました。

そして、彼女は、不足が長引くまたは広がるとは予想されていないと付け加えました。

「カナダの市場でサプライチェーン全体が経験を積むにつれて、そのような局地的かつ製品固有の不足がはるかに少なくなると予想されます」とJarbeauは述べました。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *