オーストラリア 大麻合法化
オーストラリア 大麻合法化

オーストラリアは娯楽用大麻を合法化するよう求められている!​​

オーストラリアの企業は、コロラド州が成人用の大麻に課税することで稼いだ10億ドルを強調しました。オーストラリアに住んでいる人々の数は5倍であり、Bernbergは経済を後押しするためにオーストラリア政府に訴訟を起こすよう求めました。

「アルコールやギャンブルに非常によく似た商品で、大人のための娯楽消費の商品であるため、景気後退の心配はありません。」とBernbergは述べました。政府は大麻を使用した人々を逮捕し投獄するお金を無駄にする必要もない上に、社会的支援および学校、公園、公共インフラの改善に追加の税収が使える可能性があると彼は主張しました。

ウルグアイやカナダ、レクリエーション大麻使用を合法化したアメリカの州などの足跡をたどるようにオーストラリアでも圧力が高まっています。街頭インタビューでは、多くのオーストラリア人が、学校や病院に追加の資金を提供するために、成人用の大麻産業が全国に展開されるのを見たいと述べています。

オーストラリアは世界で最も高い大麻蔓延率である国の1つで、2016年に医療用マリファナを合法化しました。しかし、多くのオーストラリア人は未だに闇市場での購入を行っています。それは合法的なディスペンサリー(薬局)から大麻を調達するより、闇市場の方がはるかに安く入手できるという現状があります。それでも、ギャップは着実に縮小しており、オーストラリアの大規模な大麻栽培プロジェクトで、国の小売業者がもはや輸入にそれほど頼る必要がなくなるため、はるかに手頃な価格になります。

オーストラリアの中央領土は、娯楽用大麻を合法化する国内初の地域となる予定です。 人口は42万人で、首都キャンベラを収容しているため、アメリカのコロンビア特別区に似ています。しかし、Bernbergは連邦政府に対し、規制された娯楽大麻産業の展開を検討するよう要請し、それが現在の選挙運動における重要な問題ではないと疑問を投げかけました。

タスマン海の向こう側では、ニュージーランドが来年の総選挙で大麻を合法化すべきかどうかについての国民投票を含めることを約束しています。

この記事をシェアする

Facebook
Twitter