| |

オーストラリアの首都、キャンベラが個人の大麻使用を合法化!​

オーストラリアの議員は、首都キャンベラとその周辺の司法権でマリファナを合法化するために投票しました。

9月25日水曜日にオーストラリア首都特別地域(ACT)議会で可決された法律により、首都の本拠地である領土の居住者は、最大50グラム(1.76オンス)のマリファナを合法的に所有し、1人あたり2植物、1世帯あたり4植物を栽培することができます。

この法律は2020年1月31日に施行され、首都キャンベラは、オーストラリアで薬物を合法化した最初の州または準州になります。

新しい法律の下では、18歳以上の成人は最大50グラムのマリファナを所有することが許可され、すべての家庭で最大4つの大麻植物の栽培が許可されます。

マリファナは子供の近くで使用することを禁止されており、法律は共同の庭での栽培も禁止しています。

しかし、この法案は、連邦法であるオーストラリア連邦法と矛盾しています。そのため、議員は、大麻の使用または所持の訴追がまだ可能であるかもしれないと指摘しました。

薬物法は州または準州によって異なっており、ACTの現在の法律では、1つまたは2つの大麻植物を栽培するか、50g(1.76オンス)の大麻を所持すると、160オーストラリアドルの罰金(108ドル)、50g(1.76オンス)を超えると最大8,000オーストラリアドルの罰金が科されるかまたは刑務所に2年間収容となります。(両方の場合もあります)

オーストラリアの公共放送局ABCによると、ゴードン・ラムゼイ法務長官は水曜日、新しい法律は逮捕のリスクを完全に排除したわけではないと述べました。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *