| | | |

オレオやチップスのメーカーがCBD食品の参入に意欲的!​

毎日、新しい企業が大麻を注ぎ込んだ食品の開発に意欲的な姿勢を示しています。
Oreo and Chips Ahoyの製造会社であるMondelezは「FDAが明確化をもたらせば」、カンナビジオール(CBD)製品の競争に参加する準備はできている、とCEOのDirk Van de Putは発表しました。

希望に満ちたCBD製品にはCoca-Colaや、フィーストフードチェーン店、薬局チェーン店等、他にも数え切れないほど大企業が早く参入の機会を期待しています。

Mondelezは、たくさんのスナック菓子を製造している国際企業で、現在の家庭で最も有名なクッキーやクラッカーをいくつも提供しています。たとえば、Chips Ahoy!、Nilla wafers、Oreo、Ritz、Triscuit、Wheat Thinsなどです。シカゴを拠点とするスナック界の大企業は、世界中で83,000人を雇用しています。

CEOのDirk Van de Put氏は、CBDのスナックを検討するかどうかを尋ねられた際、「もちろんです。準備はできていますが、合法的な範囲内で、且つ正しい方法で実行したいです。」に語りました。

米国食品医薬品局(FDA)は、すぐにいくつかのCBD食品の規制を解決するよう圧力を感じています。しかし2019年3月に当時のFDAの理事長、Scott Gottlieb氏は、食品とCBDの規制を策定するには何年もかかるだろうと述べました。

「食品以外の製品ではもう少し明確ですが、この分野には明確さがありません。」食品に関して、私はFDAが今後数ヶ月で明確さをもたらすことを願っています。とVan氏は述べました。

CVS、Walgreens、Rite Aidなどの薬局はすでに一部の州でCBDを販売していますが、局所薬のみです。彼らはFDAが規制を修正するまで、食品や飲料を提供することはありません。

インターネットではCBD入りのOreoを中心に期待が高まっていますが、Van de Put氏は、CBDは「会社のブランドに合う」ものではなく、新しい製品ラインを開発すると述べています。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *