ラスタファリアン
ラスタファリアン

ウィスコンシン州警察が大麻を配布するラスタファリアン教会を襲撃!

Share on facebook
Share on twitter

ウィスコンシン州のラスタファリアン教会が集会に訪れた人たちにマリファナを配布する教会の権利に関して、協会側と法執行機関との対決は5月29日の水曜日の朝に最高潮に達しました。デーン郡麻薬任務部隊はラスタファーライのJudah House of Lastを襲撃し、2人の創設者を逮捕し、現場にいた人々を拘束しました。

「私たちは宗教の自由を実践しています」と、午前8時30分の急襲に居合わせた教会の保守作業員の一人であるジェリー・サーシュは言いました。

サーシュと彼の父親バイロンは、警察が武器を引いた状態で自分たちの顔にレーザーを当て、教会の窓を粉砕し、礼拝の場所で儀式として使用しているハーブを没収しました。と伝えています。サーシュは「撃たれると思いました」と続けました。

近隣の人によると、約30人の将校が急襲のために出席していました。

The Lion of Judah House of Rastariは3月にスタートしました。ウェブサイトでは「ウィスコンシン州の最初で唯一の合法的なラスタファリ大麻聖堂」と名乗り、主催者はメディアに、最初の数ヶ月で10,000人の会員がメンバーにに加わったと伝えていました。大麻はメンバーから調達していました。

警察がこの施設を標的にしたのは今回が初めてではありません。伝えられるところによれば、将校はマリファナとマリファナの道具を没収するために何度か訪問しており、「たとえ合法的な「教会」であっても、Schedule1の管理物質を所有し販売することは、ウィスコンシン州法の下では合法ではありません」と、建物の所有者に公害の通知を出していました。

マディソン市でいくつかの非犯罪化措置の通過が見られましたが、ウィスコンシン州は現在、所持、販売、または栽培されているマリファナの量に対する刑事罰を科すアメリカの17の州のうちの1つです。

2012年から2015年の間のマリファナ所持のみに基づいて行われたマディソン市での3,903人の逮捕のうち、72%が黒人でした。マディソン市では黒人が街の住民の39パーセントを占めています。

国内で、ラスタファリアンのマリファナ使用権をめぐって対立することはウィスコンシン州に限ったことではありません。

10月には、オレゴン州のラスタファリアンであるパトリック・ビードルが、ミシシッピ州の白人陪審によって8年間の懲役刑を宣告され、刑務所に送られました。

この事件は偶然にも、ACLUが人種プロファイリングのための「有用な口実」として識別した犯罪で、ビードルの判決はその後、縮小されました。監禁されているラスタファリアンの中には、投獄されている間に大麻を使用する権利について政府を訴えた人もいます。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter