医療用大麻
医療用大麻

インフルエンザにかかった時のおすすめの3つの大麻消費方法!

Share on facebook
Share on twitter

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる感染性呼吸器疾患で、鼻や喉、肺に感染し、軽度から重度のを引き起こす可能性があり、時には死に至ることさえあります。

 

インフルエンザとは?

WebMDによると、インフルエンザはインフルエンザAまたはBによって引き起こされる極めて伝染性の高い呼吸器疾患です。主に冬に発生し、上気道または下気道全体に広がります。

インフルエンザに関連する症状は、咳、頭痛、胸部の不快感です。インフルエンザでは、高熱が数日間続く可能性が高く、非常に倦怠感があり痛みを感じます。インフルエンザはウイルス性疾患なので、最善の治療法は多量の水分を摂取し、休息することです。抗生物質はウイルス感染ではなく細菌感染の治療に用いる為、抗生物質はインフルエンザの治療に役立ちません。

インフルエンザウイルスは非常に伝染性が高く、呼吸分泌物を介して人から人へと感染します。ある人から次の人にジャンプする傾向があり、互いに密接に接触している人に感染します。

誰でもインフルエンザに感染する可能性がありますが、高齢者や乳児の場合、更に感染の可能性が高くなります。心臓病、肺疾患、糖尿病などの慢性疾患に苦しむ人は、健康な人よりもインフルエンザにかかりやすい傾向があります。

 

大麻とインフルエンザ

インフルエンザにかかったときに大麻を吸うことは、喉や肺をさらに刺激し、炎症を引き起こす可能性があるため、最良の組み合わせではありません。ただ、必ずしも大麻の摂取がインフルエンザと戦うための有効な解決策ではないという意味ではありません。

最近の研究では、植物や果物に含まれる物質であるフラボノイドは、その抗炎症特性と抗ウイルス特性により、インフルエンザに対して大きな活動を示すことがわかっています。フラボノイドは、抗炎症および免疫系のメリットを持つ重要な抗酸化物質です。

すべての植物と同様に、大麻にも優れた抗炎症性植物栄養素であるフラボノイドが含まれている為、インフルエンザにかかっているときに大麻を摂取することで、体のバランス回復に役立つ可能性があります。

 

インフルエンザにかかっているときの大麻消費方法

食べる

問題は大麻自体ではなく、患者がどのように消費するのか方法が重要です。上で述べたように、インフルエンザの状態で大麻を吸うと喉や肺が刺激される可能性があります。これを回避するには、喫煙ではなく食べて摂取する方法があります。大麻食品を摂取することにより、喫煙のマイナスの副作用なしで、CBD、THC、および他のカンナビノイドのすべてのメリットが得られます。

 

飲む

インフルエンザを取り除くために心地よくなれそうなものは、温かいハーブティー以外にはありません。大麻を入れたお茶は、ハーブのすべてのメリットを本来とは異なる方法で活用できるため、非常に人気があります。インフルエンザの際に大麻茶を飲むことで、あなたは気分が良くなって眠っていることに気が付くでしょう。

 

大麻チンキ

大麻オイル(チンキ)も大麻を消費する一般的な方法の一つです。チンキ剤は、植物またはハーブ材料の液体抽出物であり、経口使用を目的としています。日本でもCBDオイルが流通しているので馴染みのある方も多いかもしれません。大麻オイルの使用は非常に簡単です。ボトルからスポイトを絞ってオイルをピペットに満たし、舌の下に液体を落とします。飲み込む前にオイルを吸収させるのが最善なので、約1分間待つだけです。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート