インド、パキスタン 大麻
インド、パキスタン 大麻

インド、パキスタンで大麻は違法なのに、使用量でトップ3に入る!​

Share on facebook
Share on twitter

最近発表されたデータによると、インドのニューデリーとパキスタンのカラチは、薬物に対する厳しい法律があるにもかかわらず、大麻消費の上位3位にランクされました。

ドイツに本拠を置くメディアの支局ABCDと自己栽培の大麻技術会社Seedoは、世界中の120の都市からのデータを集計した後、更新された大麻価格指数で調査結果を報告しました。
報告書によると、昨年はニューヨークの大麻が77.44トンで最も多く消費され、パキスタンのカラチは41.95トンで2位、インドのニューデリーは38.26トンで3位でした。ロサンゼルスは4位、インドのムンバイは6位でした。

トロントは、昨年22.7トンの大麻を消費して、10位にランクインとなりました。大麻で有名なアムステルダムは56位で、3.6トンを消費しました。

この数値は、国連薬物犯罪事務所の推定に基づいています。インドの高い消費率には価格が要因となっている可能性があります。

ニューデリーとムンバイは、世界で最も安く大麻を買える場所としては、それぞれ10位と11位で、ニューデリーではグラムが4.38ドルでした。

驚くべき結果
これらの結果は、一部の場所で大麻に対する厳しい法律を考えると驚くべきものです。たとえば、消費量上位10位の都市である、パキスタンとエジプトは大麻所持で死刑に科されます。

「パキスタンやエジプトなど、死刑をまだ受けている国でも、違法な大麻の使用が非常に多い。権力者は、必死に新しい法律が必要かを見るべきだ」と声明で述べました。

「マリファナから犯罪要素を取り除くことにより、政府は生産をより安全に規制し、地下のギャングから力を奪い取り、この調査で示したように、莫大な税収を生み出すことができます。」

この調査では、エジプトのカイロがたばこの現在の税率で大麻に課税する場合、384.87百万ドルという、最大の収入が得られることがわかりました。カイロは大麻の消費が5番目に多いです。

インドの大麻の法律はもっと複雑です。ヘンプの栽培は産業目的で許可されていますが、ほとんどの大麻製品は、1985年の麻薬および精神活性物質法の下で違法です。

消費には最大6か月の懲役または10,000ルピーの罰金が科せられます。

しかし、大麻はインドの文化とヒンドゥー教で重要な役割を果たしています。

ヒンドゥー教の聖典では大麻について言及されており、人気の大麻飲料であるバングは、通りで売られ、ヒンズー教の祭りホーリーで紹介されています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート