Group 12.1
Group 12.1

インディカとサティバ:品種の違いは何ですか?

Share on facebook
Share on twitter

お店で大麻を閲覧したり購入する時、一般的にインディカ、サティバという2つのグループに分割されていることに気づくでしょう。ほとんどの消費者は、この2つの種類を使い分けています。

  • インディカは肉体的に鎮静効果があると考えられており、映画でリラックスしたり、安眠効果としてもぴったりです。
  • サティバは、身体活動、社会的集まり、創造的プロジェクトとよく合い、より爽快で脳を活発化させる効果があります。

インディカとサティバが異なる効果をもたらすというは、多くの人々に理解されている為、店員はまずどのタイプを好むかを消費者へ尋ねるようになっています。

インディカとサティバ:用語の起源

「インディカ」と「サティバ」は18世紀に2つの種類の違いを説明するために名づけられました。サティバ(sativa)はカール・リンネウス(Carl Linneaus )によって命名され、ヨーロッパとユーラシア西部で見つかった麻の植物で、繊維と種子のために栽培されてました。 インディカ(indica)はジェーン-バティスト・ラマーク(Jean-Baptiste Lamarck)によって命名され、インドで発見された精神活性がある品種を指し、種子、繊維、ハシシ生産のために収穫されてました。 私たちが消費するだいたいの品種はインディカから生まれたものですが、現在、市場に流通している何千もの大麻が誤って整理され、両方の用語が使用されています。 最も初期の大麻品種の定義は次のとおりです。

  • 「サティバ(sativa)」は、エナジー効果があるとされています。背の高い、狭い葉の大麻品種を指します。しかしながら、これらの品種(NLD)はもともとインディカ種でした。
  • 「インディカ(Indica)」は、鎮静効果をもたらすと考えられています。丈夫な広葉の大麻品種を指します。
  • 「麻(Hemp)」と呼ばれているのは、主に繊維、種子、CBDのために収穫された工業的で精神作用のない品種を指します。しかし、これはもともとsativaと命名されました。

期待された効果を得るためにはそれぞれの特徴を把握しておく必要があります。これからどんどん一般的になってくる大麻の活用方法や環境の変化に置いて行かれないよう、消費者もある程度の知識はつけておくに越したことはありません。 大麻を深く理解することで、日本に根付いている偏見や勘違いを修正することができるでしょう。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート