大麻 ディスペンサリー
大麻 ディスペンサリー

イリノイ州の2月の合法的な大麻の売り上げは約37億円!

Share on facebook
Share on twitter

イリノイ州は2月に合法的な大麻の売り上げで約37億円(3,500万ドル)を集めました。この29日間の期間に、州全体で83万1,000を超える大麻製品がディスペンサリーで販売されました。

これは、州の大麻市場がオープンした最初の月である1月の42億2700万円(4,000万ドル)近くの売り上げと比較しても、わずかしか落ち込んでいません。イリノイ州の大麻販売店は最初の販売日だけで、は3億3000万円(310万ドル)以上の大麻を売りました。しかし、2月の下落は予想されるものであり、依然として堅調な販売報告は、大麻製品の需要があることを示しています。

約28億3000万円(2,650万ドル)の売上は州内の居住者からのものであり、約9億8000万円(920万ドル)の製品は州外からやってきた消費者によって購入されました。

これは、1月に州知事の施政方針演説で近隣の州の合法的な大麻へのアクセスの欠如により、周りの州からイリノイ州に来て税収に貢献してくれていることについて、近隣の州をあざ笑った、G。J.B. Pritzker知事にとって歓迎すべきニュースです。

そうは言っても、州の役人は、合法化の主な目標はプログラムの経済的利益ではなく、禁止の誤りを正し、業界の社会的平等を促進する必要があると強調しました。

「これらの数字は、イリノイ州で最も株式の中心となっている大麻プログラムが前進していることを表し、州全体で引き続き強い需要があることを示しています」と政権の大麻皇帝トイ・ハッチンソンは、プレスリリースで述べました。

「成人用大麻産業が成長し続けるにつれて、消費者や起業家、特に麻薬戦争で最も苦しんだコミュニティの人々にとっての機会の数も増えます。」

プリツカーはまた、大麻販売の開始の前日に、11,000人以上の大麻有罪判決を受けた人々に恩赦を与えました。

新しい発表には、ライセンスの機会に関する情報も含まれていました。州農務省は、3月16日まで大麻注入、工芸生産者、輸送業者の免許の申請を受け付けています。

「ソーシャルエクイティの申請者は、申請時に追加のポイントを受け取り、技術支援、助成金、低利融資、手数料の減額と免除を受ける資格があります」と通知は述べています

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート