イスラエル 大麻
イスラエル 大麻

イスラエルの大学が医療大麻の学位を提供すると発表!​

イスラエルの大学は間もなくに医療大麻の学士課程を提供し、国でプログラムを提供する最初の機関になります。

マックススターンイズレルバレー大学は7月8日月曜日に、新入学生は、医療用マリファナを専門とする行動科学の学士号を取得できるようになると発表を行いました。

医療大麻は、イスラエルの「最も繁栄している産業」の1つを代表していると、学校は述べました。

イスラエルの大麻

イスラエルは、大麻に関して長く、そして意味のある歴史を持っています。イスラエルの科学者Raphael Mechoulamは、マリファナの精神活性特性を隔離し、その潜在的な治療上の利益を認識した最初の一人として認識されています。医療用マリファナは1990年代以降、大麻の使用自体は依然違法なままですが、イスラエルで医療大麻は合法化されており、政府は今年の春に大麻を非犯罪化しています。そして、その温かい雰囲気の中で、イスラエルは急成長している大麻産業のリーダーの一国となる準備ができています。ロサンゼルスタイムズ紙は5月、イスラエルが「管理された条件下で植物を栽培するために数千エーカーと数百万ドルを捧げた」、「大麻ベースの医薬品やその他の製品を生産する新興企業が約100社ある」と報じました。

エズレル平野にあり、5,000人以上の学生が在籍しているマックススターンイズレルバレー大学は、新たに確立されたプログラムは来年度に開かれると述べました。

エルサレム・ポストが引用したように、プログラムの責任者であるエフラト・バレル博士は、「このプログラムの目的は、医療大麻の分野で新たな職業の卒業生を訓練することである」と述べました。「広範な教育基盤により、卒業生は必要とされるすべての側面を理解することができ、従業員への統合はこの分野に付加価値をもたらすでしょう。」

医療大麻スペシャリストを作る

マックススターンイズレルバレー大学の学長、Itzhak Harpaz氏は、「現在の大麻業界は、10年前のサイバー業界だ」と語りました。

「イスラエルもこの業界を必要としており、この業界をリードすることができます」とHarpazは述べました。「大麻業界はすでに多くの新しい事業や技術によって特徴付けられており、その潜在的な経済力が数千億ドルに達する可能性があることはすでに明らかです。 医療大麻の分野で学術的専門分野を開発した最初の国であることを誇りに思います。」

アメリカでは娯楽的であれ医療用であれ、大麻を合法化していく都市、州の数はこれからも増えていき、より一般的になるでしょう。

先月、メリーランド大学は、医学大麻の科学と規制について学生を教育することを目的とした新しい修士号プログラムを導入すると発表しました。これは大麻分野に打ち込むアメリカで最初の大学院プログラムになります。

この記事をシェアする

Facebook
Twitter