イスラエル 医療大麻輸出
イスラエル 医療大麻輸出

イスラエルの医療大麻輸出は2027年迄に600億ドルへ達する可能性!​​

Share on facebook
Share on twitter

1月に、イスラエルが医療大麻の輸出を承認するという画期的な決定を下しました。現在、アナリストは業界が10年以内に前例のない収入を見ることができると予測しています。
イスラエルの法務大臣Ayelet Shakedは1月に、イスラエル政府による大麻輸出の合法化の決定について声明を発表しました。
「ようやくこの決定が下されたことをうれしく思います。この決断はイスラエルに巨大な市場を開きます。技術はすでに、ここイスラエルにあります。今まで我々は技術を他の国々に与えなければなりませんでした。ですから、ここイスラエルで利益を得ることができて嬉しいです。」

イスラエルの大麻産業は、2015年には約110億ドルの価値があると推定されていましたが、それ以来飛躍的に成長しています。明らかに、すべての輸出品はイスラエルの保健省からの完全な承認を必要とし、大麻が合法である国にのみ出荷することができます。つまり、ウルグアイ、カナダのような完全に合法的な国、そして医療大麻条項がある国が、イスラエル輸出の目的地であることを意味します。

Newsweekの報道によると、アメリカイスラエル大麻協会の会長、サラ・グルック氏は、次のように述べています。「新たな規制された市場を持つカナダは、国内需要と製品不足により大麻を輸出する立場ではありません。最大の障害は医療大麻の輸入を認める国々でしょう。医療大麻プログラムを持っている国は、30カ国以上があり、すべてイスラエルの潜在的な大麻輸入者となります。」

大麻イスラエル輸出

イスラエルの大麻市場は何年もの間急成長しています
Jerusalem Postは最近、イスラエルの大麻輸出が10億ドルの税収に達すると予測されていることを報告しました。その市場は前述のように10年以内に600億ドルに達する可能性があります。合法的な大麻輸出に対するイスラエルの公式な立場は、米国司法長官ジェフ・セッションの辞任に結び付けられているとも報じられました。

大麻に対する彼の厳しい姿勢のせいで、イスラエルはセッション氏が移動するまで待つのが最善であると感じていました。そしてそれが起こったとき、速く行動を起こしました。イスラエルはすでに免許を持っている数千人の患者のために既存の医療大麻プログラムをがあります。しかし、それは厳しく規制されており、大部分は複雑になっています。医療用大麻の栽培が許可されているのは8社のイスラエル企業のみですが、その一方で何百もの栽培許可の申請が進行中です。

イスラエルからの大麻輸出は合法化されていますが、ユダヤ人国家では大麻は依然として違法です。Gluckによると、イスラエルでは大麻を合法化しようという大きな動きがあり、明らかに、イスラエル人の71%が合法を望んでいる。 Globesの報道によると、イスラエルで大麻を提唱している弁護士、Reut Alfiah氏は法律事務所ZAG-S&Wの大麻専任部長で、「政府の決定はイスラエルの大麻業界にとって特別な日を迎える」と述べた。

イスラエルからの大麻の輸出は合法化されていますが、ユダヤ人国家では大麻は依然として違法です。Gluckによると、イスラエルでは大麻を合法化しようという大きな動きがあり、イスラエル人の71%が合法を望んでいます。Globesの報道によると、イスラエルで大麻を提唱している弁護士、Reut Alfiah氏は法律事務所ZAG-S&Wの大麻専任部長で、「政府の決定はイスラエルの大麻業界にとって特別な日を迎える」と述べました。

娯楽用について話すと、イスラエルで大麻は違法ですが、最近は少量の所持は非犯罪化されました。しかし、大麻の栽培と販売はイスラエルでは重罪であり、捕らえられた人々は長い懲役刑を宣告されています。

それにもかかわらず、イスラエルは皆、世界最大の医療大麻輸出国の1つになるという非常に明るく有利な未来を見据えています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter