イスラエル 大麻喫煙 非犯罪化
イスラエル 大麻喫煙 非犯罪化

イスラエルが娯楽目的の大麻使用と自家栽培を非犯罪化!​​

Share on facebook
Share on twitter

大麻に関する新しいイスラエルの法律は、大麻植物とバッツの所有を非犯罪化します。新しい法律では、自家製マリファナの所有は法律で罰せられません。医療認可を受けずに少量の大麻を携帯していることが判明した人達は、刑事訴訟の対象ではなく、罰金を課せられることになります。

イスラエルは4月1日に成人の使用を非犯罪化しました。同じ日に、元イスラエル首相のエフドバラクはテルアビブで年に一回行われる、第4回目のカンナテックカンファレンスで基調講演者でした。

偶然にもイスラエルの医療大麻会社Canndoc / Intercureの会長を務めるBarak氏は、医療用マリファナがイスラエルのモットーを更新し「牛乳、蜂蜜、大麻の国」になることの利点を語りました。

「約35カ国がすでに医療用またはレクリエーション用にもある程度まで大麻を合法化しています。」とバラク氏は基調講演で述べました。「アメリカの3分の2の州で医療用大麻が承認されており、3分の1がレクリエーションの使用を承認しています。」

イスラエル議会( “Knesset”)は、昨年12月25日にイスラエルから医療大麻を輸出することの統治と規制面に関する16の改正危険物条例を可決しました。その後、イスラエルはマリファナ市場で世界的に最も収益の高い拠点となる準備ができています。

イスラエルの大麻産業はすでに「積極的なプレーヤー」の1つに数えられており、「世界を修復する」ためのヘブライ語であるTikun Olamのような企業が最前線にあり、市場シェアは40%にもなります。

「大麻業界の最前線にある郡を見るのであれば、イスラエルをリストのトップに入れる必要があります。Mechoulam博士による初期の発見から内在性カンナビノイド系の同定における重要な研究まで、イスラエルは大麻科学におけるいくつかの重要な進歩への道をリードしてきました。10年以上前に医療大麻を合法化した最初の国として、イスラエルは、医療、研究、教育機関だけでなくTikun Olamのような企業にも、この急成長している産業における進歩のいくつかの基礎を築いた画期的な研究を引き受けることを認めています。」とアメリカのTikun Olamの最高マーケティング責任者であるStephen Gardnerは述べています。

一方、イスラエルの保健省によると、より多くのイスラエル人患者が薬局(ディスペンサりー)で大麻を購入することを可能にする、新しいガイドラインを見越して、550以上の農場が医療大麻栽培の許可申請を提出しています。医療用マリファナは現在、パーキンソン病、てんかん、がん、その他の末期疾患にかかっている患者が利用できます。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート