大麻とアルコール
大麻とアルコール

アルコールよりも大麻を選ぶ人が急増!?依存症患者が切り替え!

Share on facebook
Share on twitter

大麻はアルコール中毒者への手助けになるだろうか?可能であれば、アルコール使用障害に苦しんでいる3,300万人ものアメリカ人にとって、また想定100万人いるとされている日本にとっても、希望の瞬間かもしれません。アルコールは米国で最も一般的に使用されている中毒性の薬です。疾病予防管理センターは、年間約88,000人のアメリカ人が過剰なアルコール使用の結果として死亡すると推定しています。

研究者たちは経済学の原則と、それが人と薬物の選択に関してどのように関連するのかに注目しています。価格が上がるか、人々の収入が減ると、彼らは当然より高価なものをより安価なものを代替えとして使用するようになります。エコノミストは、「代用効果」と呼んでいます。人々は、アルコールを選ぶときと同じような行動ができますか?より安価である製品を選ぶのと同じくらい、危険ではないものを選ぶでしょうか?

これは夢物語ではありません。結局、アメリカでは医療大麻によって、処方薬の使用が大幅にダウンしていることが示されています。さらに、医療用マリファナが合法の州では、アヘンの過量摂取による死亡は25%減少しています。

同じ研究所がアルコールとマリファナの関係でも同じような現象が起きていることを示しました。あるカナダの研究では400人以上の医療用マリファナ患者を調査し、41%以上がアルコールから大麻に切り替えていることがわかりました。彼らが答えた、3つの理由は、より少ない禁断症状、副作用、そして症状のコントロールでした。

別の研究では、カリフォルニアの350人の医療用マリファナ患者のうち、40%がアルコールの代わりに大麻を使用していたと述べました。皮肉なことに、それらの半数近くが「アルコール関連の傷害の結果として、苦しんだ痛みを和らげるために大麻を使っていることを報告した」。

完全ではありませんが、マリファナは、大量飲酒によって起きる、肝臓病、心臓病、脳卒中、睡眠障害、鬱病のような、病気の原因になるとは報告されていません。2つの異なる体験を比較する機会があった人は理解していますが、大麻はアルコールより安全です。

だからといって、アルコールを禁止にするわけではなく、情報と選択肢を人々に与え、個人がベストなものを選べるように導いてあげことが大切だと考えています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート