| | | | |

アリゾナ最高裁判所が濃縮物は医療用大麻法で守られていると判決!​

アリゾナ最高裁判所は、州内の医療用マリファナに関する画期的な判決を発表しました。具体的には、裁判所は、抽出物および濃縮物はアリゾナメディカルマリファナ法の条件の下で合法であると裁定しました。

この決定により、医療用マリファナ患者が濃縮物を使用する際、不安定な立場に置かれてきた長期にわたる法律の戦いに終止符が打たれることになりました。

アリゾナ最高裁の新判決

昨日、最高裁判所は、医療用マリファナのコミュニティの意見を支持し、濃縮物の問題で賛成の判決をしたと発表しました。

「我々は、(アリゾナ医療用マリファナ法の)マリファナの定義には、その乾燥された葉/花の形態と、ハシシを含む抽出された樹脂の両方が含まれていると判断する」と判決で述べました。

重要なことに、昨日の判決は、医療用マリファナを花だけでなく大麻濃縮物も含むように明確に定義することによって、抽出物と濃縮物の問題に関する進行中の混乱を終わらせるものです。

「裁判所は正しい判断をした」とアリゾナ刑事司法スタッフ弁護士のJared KeenanのACLUは言いました。「この判決は、資格のある患者が自分の薬を最も有用な形で使用したことで、起訴されてしまう心配をしなくてもよくなります。」

「これは有権者がアリゾナメディカルマリファナ法を通過させたときに意図していたことです」と彼は付け加えました。

アリゾナの有権者は、2010年に州の医療用マリファナプログラムに賛成票を投じました。フェニックスニュータイムズによれば、現在、医療用マリファナプログラムには20万人を超える参加者がいます。具体的には、19万6千人以上の患者と約130人の診療所があります。

昨日の判決以前でも、濃縮物は患者の間で非常に人気がありました。フェニックスニュータイムズによると、2018年に患者はおよそ2.5トンの大麻食品を購入しています。同様に、医療用マリファナ患者もまた2.5トンの濃縮物を購入しています。

長い法的戦い

昨日の判決以前は、濃縮物の法的地位は非常に不明確でした。医療用マリファナを支持する多くの人々は、2010年の法律には自動的にあらゆる形態の大麻が含まれると考えていました。

いずれにせよ、当初のアリゾナ医療用マリファナ法では、この問題に明確に対処していませんでした。その結果、濃縮物に関する決定は、主に現地の法執行機関および下位裁判所の裁量によるものでした。

例えば、マリコパ郡検事ビル・モンゴメリーとヤバパイ郡検事シェラ・ポークは、医療大麻患者であっても、人々は濃縮物を消費したことで逮捕され、起訴される可能性があると判断しました。これらの初期の解釈は、一部の患者の逮捕と医療用マリファナ業界全体の不安を招きました。

しかし、マリコパ郡上級裁判所のキャサリン・クーパー裁判官による別の決定は反対の方向に向かいました。具体的には、彼女は患者が濃縮物と抽出物を使用することを許可されていると判決を下しました。しかし彼女の決定は郡だけに限られていました。

混乱の真っ只中で、1件のケースが熱い議論を巻き起こしました。医療用マリファナがアリゾナで合法化された直後に、患者Rodney Jonesはハッシュを所持していたため、逮捕されました。裁判の後、彼は結局有罪判決を受け、2.5年の懲役となりました。

彼の有罪判決の後、ジョーンズと彼の弁護士は複数の上訴を申し立てました。最も最近のものはアリゾナ州対ロドニークリストファージョーンズでした。そしてこれが昨日の画期的な判決につながったもので、これはアリゾナの濃縮物と医療用マリファナについての混乱を止める決定となりました。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *