| |

アリゾナ州警察がCBD製品を使用する警察官のために規定を明確化!​​

大麻の有効成分であるCBD(カンナビジオール)の使用または陽性反応が認められた志の高い警官を警察署はどのように扱えばよいのでしょうか。

THC(テトラヒドロカンナビノール)とは異なり、CBDは向精神薬ではありません。

それにもかかわらず、アリゾナの警察認定を規制する委員会は過去、医療用大麻ディスペンサリーで見つける大麻と同じように痛みを抑えるための香油のような店頭CBD製品の使用を考えてきました。

6月19日、アリゾナ州保安官基準・訓練委員会(AZPOST)がCBDを含む市販の製品の使用または所有は、マリファナ、危険な薬物、または違法な麻薬の使用または所有を構成するものと見なさないことを明確にする声明を発行しました。

AZPOSTのエグゼクティブディレクター、Matt Giordanoは、CBDは2018年から広く議論されてきたと語りました。
同政策の指示を説明するメモの中で、Giordano氏は、CBD製品を使用している役員の候補者たちが狂暴になることはないと述べました。

「警察当局は、経歴の中でCBDを含む製品の使用を開示した申請者の数が増えている」と彼は言いました。「我々が発見しているのは、ランニングに出かける前に、CBDオイルを含む製品を肘や膝の上でこする可能性がある人です。」

ディスペンサリーで購入された0.3%を超えるTHCを含むCBD製品は、免除の対象になりません。但しAZ POSTは、規定値を超える医療用マリファナ製品を禁止し続けます。

ドナルド・トランプ大統領が署名した2018年農場法案で許容されるTHCと同量のTHCで、麻の生産が合法化になったことで、ガムからローション、そして犬用おやつまで、市販のCBD製品の普及につながりました。

Giordano氏は、警察がCBDの使用で認証を拒否された事例を見つけることができないと述べました。

アリゾナの法執行機関は一方で、CBDに対する疑問を投げかけています。10月に、Phoenix New Timesは、2017年にヤバパイ郡検事局が2人の人々にCBDオイルを持っていたとしてマリファナの所持として告発したことを明らかにした報告を発表しました。

逮捕されたうちの一人、Robert Stapletonは、車に入っているCBDのヴェポライザーが、高濃度のTHCを含む製品とはどう違うのかを、引っ張ったPrescott Valleyの役員に説明しようとしました。

そして、その役員は代理の弁護士に電話をし、この事件をどう扱うべきか尋ねました。すると検察官は警官に「CBDを麻薬ではなくマリファナとして扱う」と伝えました。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *