大麻 焼却
大麻 焼却

アメリカ麻薬取締局が大量の大麻を焼却してくれる業者を募集!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

警官、DEA(アメリカ麻薬取締局)、その他の法執行機関によって押収された密輸品はどうなるのでしょうか。結局押収された大麻はたくさん燃やされることになります。そして、すべてを燃焼することは大変な作業です。その為、DEAは、大量の押収物やその他の証拠を焼き払うことができる請負業者を探していると言われています。そしてその仕事を請け負う、重要な要件の1つは1時間あたり少なくとも1,000ポンドの物を完全に焼却することができるということです。

DEAは押収された大麻を焼くために請負業者が必要

燃焼している請負業者に対するDEAの捜索のニュースは、テキサス州ヒューストンの情報筋から初めて明らかになりました。

地元の報道機関KHOU11は、DEAがヒューストン地域の請負業者を探していると報じました。具体的には、代理店は証拠として使用される押収された財産と密輸品の膨大な量を燃やすことができる請負業者を探しています。

密輸品には、紙の束からカセットテープ、医薬品から違法薬物まで、あらゆるものが含まれます。また、たくさんの押収されたマリファナを燃焼することを含みます。

マリファナの燃焼はこの仕事の最も重要な要素の1つです。実際には、DEAは役人が1時間に少なくとも1,000ポンドのマリファナを燃やすことができる請負業者だけを雇うつもりであることを明確に規定しています。

それに加えて、請負業者は少なくとも8時間連続してそのペースを維持できなければなりません。

これは仕事のための最大の要件の1つのようですが、DEAには他にもいくつかの重要な規定があります。

  • 請負業者は、焼却証拠に関与するすべての人に対して独自の経歴調査を行う必要があります。DEAは独自の追加の経歴調査も行うことができます。
  • 仕事を申請する請負業者は、独自の閉回路カメラシステムを持っている必要があります。これらのカメラは、すべての活動をノンストップで監視するように設定する必要があります。そしてDEAはいつでも録画を見直す権利を留保します。

伝えられるところによれば、仕事は9月末頃にまで続き、テキサス中の施設から来る証拠と押収された財産を燃やすことを請負業者に要求する予定です。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu